Home
Posts
Article
Encyclopedia
Garden
Set
English
  

ハバチ

玲儿
2017-09-12
ハバチ
初期症状

初期症状
株の一部の葉が食べられて、そこにイモムシ状の幼虫が集団や単独で寄生している。
進行したとき
株のほとんどの葉が食べられて丸坊主になる。幼虫が株全体に散らばって寄生している。
ハバチとは?
 ハバチはハチの仲間で、小さなイモムシ状の幼虫が花木やアブラナ科の野菜の葉などを食べます。成虫は春から秋にかけて葉や枝に産卵します。幼虫には、初めは集団でいて、成長すると散らばって生活する種類と、最初から単独で生活する種類があります。成熟した幼虫は、土中に繭(まゆ)をつくってその中で蛹(さなぎ)になり、成虫になります。種類により年1回から3回ほど発生し、秋以降は幼虫が土中の繭の中で冬を越します。



▼幼虫が葉などを食べ、丸坊主にする
 主に若葉を葉の縁から盛んに食べ、短期間に太い葉脈を残して食べつくします。ひどい場合には蕾や花まで食べます。そのため、油断すると枝などを丸坊主にしてしまうこともあり、植物の生育が悪くなるうえ、花木では観賞価値も下がります。バラでは卵を産みつけられた枝の部分が裂けて割れる被害も生じます。
▼ハバチの仲間
 種類が多く、形態、色や模様、習性、発生する時期や植物などが種類によって異なります。代表的なものに、逆立ちをしたり腹を持ち上げた姿勢でバラやツツジ類を食べるチュウレンジハバチ、尻を持ち上げた姿勢でツツジ類を食べるルリチュウレンジ、アブラナ科野菜のダイコン、カブ、ハクサイなどを食べるカブラハバチ、幼虫がサクラの葉に糸を張って巣をつくり、葉を食べるサクラヒラタハバチなどがあります。この仲間の成虫は人を刺さず安全です。

▼早期発見が肝心
 幼虫の早期発見を心がけ、被害を最小限にとどめることが大切です。幼虫は日中も葉の上や葉裏にいて見つけやすいので、発見したらすぐ、指やはしなどを用いて取り除き、処分します。適用のある薬剤のある植物で、薬剤を使用する場合は発生初期に薬液を散布します。
※薬剤を使用する際は、その薬剤の使用条件が、対象植物、病気や害虫、防除したい方法と合っていることを、ラベルなどで確認してください。
0
0
Article
comment
😀 😁 😂 😄 😆 😉 😊 😋 😎 😍 😘 🙂 😐 😏 😣 😯 😪 😫 😌 😜 😒 😔 😖 😤 😭 😱 😳 😵 😠
* Only support image type .JPG .JPEG .PNG .GIF
* Image can't small than 300*300px
Nobody comment yet, write down the first!
Just Reply
Latest Article
Elite Article
Related Articles
FeedBack

You have any problems or suggestions, please leave us a message.

Please enter content
Download GFinger APP

Scan QR code, download GFinger APP to read more.

QR Code

Scanning QR Code, directly to see the home page

Switch Language
Set
VIP
Sign out
Share

Share good articles, GFinger floral assistant witness your growth.

Please go to the computer terminal operation

Please go to the computer terminal operation

Forward
Insert topic
Remind friend
Post
/
Submit success Submit fail Picture's max size Success Oops! Something wrong~ Transmit successfully Report Forward Show More Article Help Time line Just Reply Invite you to chat together! Expression Add Picture comment Only support image type .JPG .JPEG .PNG .GIF Image can't small than 300*300px At least one picture Please enter content