Home
Posts
Article
Encyclopedia
Garden
Set
English
  

ヨトウムシ(ヨトウガ)

玲儿
2017-09-12
ヨトウムシ(ヨトウガ)
初期症状

初期症状
葉裏をかすり状に、さらには網目状に食害する。
進行したとき
幼虫が多発すると、植物は丸坊主にされて、生育が悪くなる。
ヨトウムシ(ヨトウガ)とは?
 ヨトウムシ(ヨトウガ)は、幼虫が野菜、草花、果樹など広範囲の植物に寄生し、葉、茎、花や蕾、果実などを食害します。成虫は灰褐色のガで、葉裏に茶色の卵塊(らんかい)を産みつけます。ふ化した幼虫は周辺の葉などを食べて成長し、老熟すると土中で蛹(さなぎ)になり、やがて成虫になります。
▼どんな被害が起こる?
 ふ化した幼虫は集団で、最初は近くの葉裏をかすり状に、やがて葉を網目状に食べ進みます。成長した幼虫は周辺に散らばり、葉、花、茎などを食べます。
 老熟した幼虫は、昼間は植物の根元近くの地中などに潜み、夜は地上に出て植物を食い荒らします。そのため、幼虫が多発すると、植物は丸坊主にされたりして生育が悪くなるうえ、草花では観賞価値も損なわれます。



▼よく見るヨトウムシ類
 ヨトウガと近い仲間には、ハスモンヨトウ、シロイチモジヨトウなどがいます。これらの形態や性質はヨトウガと似ていますが、卵塊が灰褐色の鱗毛(りんもう)で覆われています。また、ヨトウガの発生が春と秋に多いのに対し、これらは夏から秋に多く発生します。

▼一般的な防除の方法
 殺虫剤を使用せずに防除するには、葉裏の卵や幼虫の食害痕を早期に発見し、卵や幼虫を見つけしだい、葉ごと取り除いて捕殺するなどの処置をします。また、食害痕とふんがあるのに虫がいない場合は、幼虫が植物の根元付近の地中や物陰に潜んでいるので、場所の見当をつけて棒などで探し出して処分します。
一方、適用のある薬剤がある植物であれば、殺虫剤による防除も有効です。その場合、幼虫は成長するにしたがい殺虫剤抵抗性が強まり、防除効果が低下するので、幼虫が小さく集団でいるうちに散布することがきわめて大切です。
※薬剤を使用する際は、その薬剤の使用条件が、対象植物、病気や害虫、防除したい方法と合っていることを、ラベルなどで確認してください。
0
0
Article
comment
😀 😁 😂 😄 😆 😉 😊 😋 😎 😍 😘 🙂 😐 😏 😣 😯 😪 😫 😌 😜 😒 😔 😖 😤 😭 😱 😳 😵 😠
* Only support image type .JPG .JPEG .PNG .GIF
* Image can't small than 300*300px
Nobody comment yet, write down the first!
Just Reply
Latest Article
Elite Article
Related Articles
FeedBack

You have any problems or suggestions, please leave us a message.

Please enter content
Download GFinger APP

Scan QR code, download GFinger APP to read more.

QR Code

Scanning QR Code, directly to see the home page

Switch Language
Set
VIP
Sign out
Share

Share good articles, GFinger floral assistant witness your growth.

Please go to the computer terminal operation

Please go to the computer terminal operation

Forward
Insert topic
Remind friend
Post
/
Submit success Submit fail Picture's max size Success Oops! Something wrong~ Transmit successfully Report Forward Show More Article Help Time line Just Reply Invite you to chat together! Expression Add Picture comment Only support image type .JPG .JPEG .PNG .GIF Image can't small than 300*300px At least one picture Please enter content