Home
Posts
Article
Encyclopedia
Garden
Set
English
  

ハエマンサスの特徴と種類

玲儿
2017-09-28
ハエマンサスの基本情報
学名:Haemanthus
科名 / 属名:ヒガンバナ科 / マユハケオモト属(ハエマンサス属)
特徴
熱帯アフリカから南アフリカにかけて約60種が分布する球根植物です。マユハケオモト(Haemanthus albiflos)に代表される冬生育(夏休眠)タイプと、ムルティフロルス(H. multiflorus)に代表される夏生育(冬休眠)タイプに大別されます。冬生育タイプは、葉が分厚く、無毛で、夏に葉をつけたまま、または落葉して休眠し、9月下旬から11月上旬に開花します。夏生育タイプは、ギボウシのような薄い葉をもち、6月上旬から8月下旬に開花し、冬に葉をつけたまま、または葉を落として休眠します。いずれのタイプも、葉が出ている期間を長く保つことが、球根を肥大させ、大きな花房を咲かせるコツです。真夏以外はよく日に当て、肥料をしっかり施して管理しましょう。
種類(原種、園芸品種)
ハエマンサス・ムルティフロルス
Haemanthus multiflorus
6月から8月ごろ、高さ30〜40cmの花茎の先端に花が球状に集まり、巨大な赤い線香花火のように咲かせる。その様子から「線香花火」「フットボールリリー」の名前で親しまれる。葉は花と同時に現れ、花後に葉が展開し、冬に落葉して休眠する。葉は50cmくらいに伸び、大きく育つので、この期間に肥培管理すると球根が大きくなる。
マユハケオモト
Haemanthus albilflos
比較的寒さに強く、丈夫で育てやすい。よく分球する。9月下旬から11月上旬ごろ、長さ10〜20cmの太い花茎を伸ばし、その先端に花が集まり、径7cmほどの白い刷毛のように咲く。常緑だが、夏は休眠する。



アカバナマユハケオモト
Haemanthus coccineus
南アフリカ・ケープ南西部に自生。9月ごろ、高さ30cmほどの太い花茎を伸ばし、その先端に赤い花が集まり、径5〜10cmほどに咲く。分厚い葉は花後に展開し、夏は落葉して休眠する。

0
0
Article
comment
😀 😁 😂 😄 😆 😉 😊 😋 😎 😍 😘 🙂 😐 😏 😣 😯 😪 😫 😌 😜 😒 😔 😖 😤 😭 😱 😳 😵 😠
* Only support image type .JPG .JPEG .PNG .GIF
* Image can't small than 300*300px
Nobody comment yet, write down the first!
Just Reply
Latest Article
Elite Article
Related Articles
FeedBack

You have any problems or suggestions, please leave us a message.

Please enter content
Download GFinger APP

Scan QR code, download GFinger APP to read more.

QR Code

Scanning QR Code, directly to see the home page

Switch Language
Set
VIP
Sign out
Share

Share good articles, GFinger floral assistant witness your growth.

Please go to the computer terminal operation

Please go to the computer terminal operation

Forward
Insert topic
Remind friend
Post
/
Submit success Submit fail Picture's max size Success Oops! Something wrong~ Transmit successfully Report Forward Show More Article Help Time line Just Reply Invite you to chat together! Expression Add Picture comment Only support image type .JPG .JPEG .PNG .GIF Image can't small than 300*300px At least one picture Please enter content