Home
Posts
Article
Encyclopedia
Garden
Set
English
  

ヒアシンソイデスの育て方・栽培方法

玲儿
2017-09-28
ヒアシンソイデスの育て方・栽培方法
育て方のポイント
栽培環境・日当たり・置き場
水はけのよい場所であればあまり場所を選ばず、日当たりから半日陰まで、また、寒地から暖地まで幅広く栽培できます。地上部があるのは4月から6月の3か月くらいなので、夏の間はほかの草花で覆われる場所でも大丈夫です。落葉樹の下などでは自然にふえて群落になります。
鉢植えの場合は、細かく分球してしだいに花が咲かなくなるので、なるべく大きな鉢に植えるとよいでしょう。


水やり
庭植えではほとんど必要ありません。鉢植えでは、秋から春まで用土が乾いたらたっぷりと与えます。
肥料
庭植えではほとんど必要ありません。鉢植えでは、晩秋、早春、開花後にそれぞれ置き肥を施しておきます。
病気と害虫
病気:白絹病など
水はけが悪いと、白絹病などの土壌病害の被害を受けることがあります。
害虫:ほとんどありません。
用土(鉢植え)
一般の草花用培養土が利用できます。赤玉土7、腐葉土3配合土も使えます。
植えつけ、 植え替え
植えつけ:秋に球根を植えつけます。土に腐葉土などの腐植質を混ぜておき、石灰分を少量入れておくと、生育もよくなり、病気の予防にもなります。株間は球根3個分の間隔で、深さも3個分くらいとします。鉢植えでは、5号鉢なら5球植えくらいが目安です。
植え替え:庭では、数年植えっぱなしでかまいません。鉢植えは、毎年植え替えを行います。休眠中に掘り上げて、大きな球根だけを選んで植えつけます。
ふやし方
分球:自然分球でよくふえます。こぼれダネでもふえるほどで、品種の確かな株を維持するには、花がらを摘んでタネをつけないようにしておきます。
主な作業
花がら摘み:ほとんど放任でよく、手がかかりません。ただし、花がらは切り取ったほうがすっきりと見栄えがよくなります。
0
0
Article
comment
😀 😁 😂 😄 😆 😉 😊 😋 😎 😍 😘 🙂 😐 😏 😣 😯 😪 😫 😌 😜 😒 😔 😖 😤 😭 😱 😳 😵 😠
* Only support image type .JPG .JPEG .PNG .GIF
* Image can't small than 300*300px
Nobody comment yet, write down the first!
Just Reply
Latest Article
Elite Article
FeedBack

You have any problems or suggestions, please leave us a message.

Please enter content
Download GFinger APP

Scan QR code, download GFinger APP to read more.

QR Code

Scanning QR Code, directly to see the home page

Switch Language
Set
VIP
Sign out
Share

Share good articles, GFinger floral assistant witness your growth.

Please go to the computer terminal operation

Please go to the computer terminal operation

Forward
Insert topic
Remind friend
Post
/
Submit success Submit fail Picture's max size Success Oops! Something wrong~ Transmit successfully Report Forward Show More Article Help Time line Just Reply Invite you to chat together! Expression Add Picture comment Only support image type .JPG .JPEG .PNG .GIF Image can't small than 300*300px At least one picture Please enter content