Home
Posts
Article
Encyclopedia
Garden
Set
English
  
Followed
+
Follow
Posts (913)
玲儿
2017-09-25
玲儿
プレウロタリスの育て方・栽培方法 育て方のポイント 栽培環境・日当たり・置き場 基本的に小型の鉢植えで栽培します。強い日ざしを嫌うので、50~60%程度の遮光の下で栽培します。乾燥を嫌い、空中湿度が高い環境を好むため、冬の乾燥期は、霧吹きなどで頻繁に水をかけ、湿度を保つようにします。 水やり 乾燥を嫌うので、植え込み材料が乾かないように、こまめに水やりしましょう。なお、水やりのときは、株全体が濡れるようにまんべんなく水を与えるのがコツです。 肥料 5月から7月と9月から10月には、規定倍率の2倍程度に薄めた液体肥料を、月3~4回施します。暑い夏の間は株も衰弱するため肥料は休みます。
病気と害虫 病気:特にありません。 害虫:ナメクジ 特にありませんが、ナメクジの食害に注意し、発見しだい捕殺します。 用土(鉢植え) プラスチック鉢に水ゴケ、あるいは細かなバークを使って植え込みます。根が乾燥することを嫌うので、保水性の高い植え込み材料を使いましょう。 植えつけ、 植え替え 植え替えの適期は春です。あまり頻繁に植え替える必要はなく、2~3年に1回ほど行いましょう。根が細いため、植え替えのときは、古い植え込み材料をていねいに取り除き、新しい植え込み材料に取り替えます。 ふやし方 株分けでふやせますが、株がかなり大きくなってからでないと、弱ってしまいます。分ける場合は、5芽(バルブ)程度つけて1株とし、切り分けます。 主な作業 特にありません。
0
0
Article
玲儿
2017-09-25
玲儿
プレウロタリスの基本情報 学名:Pleurothallis 科名 / 属名:ラン科 / プレウロタリス属 特徴 プレウロタリスは、中央アメリカから南アメリカにかけて広く分布する、着生ランです。小型のものから、かなりの大型のものまで種類は非常に多く、株姿も変化に富んでおり、花とあわせて株姿も楽しめる洋ランで、原種だけで1000種以上もあるといわれます。主に、熱帯雨林に自生し、極端な乾燥を嫌います。しかし、日本の夏の高温にはやや弱いものが多く、栽培環境には注意が必要です。花は概して小型で、葉の上にペタッと張りつくように開花するものや、葉の裏側に開花するものもあり、注意していないと花に気がつかない場合もあります。一部の種は、やや長めの穂状の花茎を伸ばし、多数の細かな花を密につけ、豪華に見える種類もあります。一般に流通することは非常に少なく、また、プレウロタリスを扱う洋ラン園も少ないため、専門店を訪ねて入手しましょう。
種類(原種、園芸品種) プレウロタリス・タイタン Pleurothallis titan 大型の葉をもち、葉のつけ根に黄色い花を咲かせる原種。パナマ、コロンビアに自生する。 プレウロタリス・ガルガンツア Pleurothallis gargantua プレウロタリスとしては最大の大きさで、大型の葉をもつ原種。葉のつけ根に茶色い花を咲かせる。エクアドルに自生する。 プレウロタリス・ツルンカータ Pleurothallis truncata オレンジ色の小輪の花を、穂のように咲かせる美しい原種。エクアドルに自生する。 プレウロタリス・グロビー Pleurothallis grobyi 株は小型で、株の上まで伸ばした長い花茎に、穂のように黄色い花が咲く。ペルー、ブラジルに自生する原種。
0
0
Article
玲儿
2017-09-25
玲儿
ブラッシアの育て方・栽培方法 育て方のポイント 栽培環境・日当たり・置き場 春から秋までは、日当たりと風通しがよい戸外に置きます。日ざしが強くなる真夏は、30%程度の軽い日よけのもとに置きましょう。冬は室内に取り込み、窓辺の日当たりがよい場所に置きます。 水やり 春から秋の生育期には、たっぷりと水を与えます。冬の間は、水やりの回数を控えめにし、植え込み材料の表面が乾いてから、水を与えましょう。ただし、冬でも水を与えるときは、鉢底から水が出る程度までたっぷりと与えることが大切です。
肥料 春から初夏にかけては、有機質固形肥料を月1回、置き肥します。液体肥料は、4月下旬から9月下旬ごろまで、週1回程度施しましょう。 病気と害虫 病気や害虫の被害が少ない洋ランですが、まれにカイガラムシがつきます。特に、風通しの悪い場所に置くと発生しやすくなるので、注意が必要です。 用土(鉢植え) 素焼き鉢を使い、水ゴケで植え込むのが一般的です。バークなどのミックスコンポストで植えることもできますが、この場合は、やや細かめのミックスコンポストを用い、化粧鉢やブラスチック鉢を使って植えます。
植えつけ、 植え替え 適期は春で、4月上旬ごろが最適でしょう。通常、植え替えは、2~3年に1回行います。 ふやし方 ブラッシアは、株分けでふやすことができます。かなり大株に成長したあとに、1株に3バルブ以上つくように分けましょう。 主な作業 花芽が伸び始めたら、支柱を添えて、花の向きを整えておくときれいに咲きます。
0
0
Article
玲儿
2017-09-25
玲儿
ブラッシアの基本情報 学名:Brassia その他の名前:スパイダーオーキッド 科名 / 属名:ラン科 / ブラッシア属 特徴 ブラッシアは黄色のベースに茶色の模様が入る花です。細い針のような花弁を大きく広く広げる様子から、英語ではスパイダーオーキッド(蜘蛛蘭)とも呼ばれています。 日当たりを好む着生ランです。性質はたいへん強健なので、栽培は容易といえます。洋ランとしては、比較的寒さに強いものがほとんどで、冬は室内で管理をすれば、多くが冬越し可能です。
また、オンシジウムの親戚にあたり、同様に比較的大きなバルブと、やや大きめの葉をもちます。完成したバルブと葉の間から、花芽を伸ばして開花します。 オンシジウムとの交配種、ブラッシジウム(Brassidium)もあり、こちらはオンシジウムに似た感じでややコンパクトで茶色い花を咲かせます。 種類(原種、園芸品種) ブラッシア・ベルコーサ Brassia verrucosa メキシコ原産の大型原種。長く伸びる花茎に、大きく張りのある黄色い花を咲かせる。
レックス Brassia Rex おそらくブラッシアとしては、一番有名な大型交配種。ひときわ大きな黄色い花を、誇らしげに咲かせるさまは圧巻。
エターナル ウィンド Brassia Eternal Wind 中型の交配種で、比較的咲かせやすいタイプ。初夏に涼しげに見える、黄色と茶色の花を咲かせる。 ブラッシア・コウダータ Brassia caudate 比較的小柄な原種。花弁はやや垂れ気味で、比較的密に黄緑色の花をつける。メキシコ以南の熱帯アメリカ原産。 ブラッシア・シグナータ Brassia signata 小型の原種。やや短めの花茎に大きく花弁を広げながら、黄に茶色が入る花を咲かせる。メキシコ、ペルー、ボリビア原産。
0
0
Article
玲儿
2017-09-25
玲儿
ブラサボラの育て方・栽培方法 育て方のポイント 栽培環境・日当たり・置き場 日当たりを特に好む洋ランです。一年中日がよく当たる場所で栽培します。4月ごろから10月上旬までは、戸外に置いて栽培します。早春からよく日に当てながら育てると、日焼けはあまり起こしませんが、予防的に30%程度の遮光ネットの下で栽培するとよいでしょう。冬の間は、室内の日光がよく当たる窓辺などに置いて栽培します。 水やり 春から秋にかけての成長期は、比較的水を好むので、十分に与えます。秋の半ばから春までは、比較的乾燥気味で問題ありません。ただし、蕾が伸び始めたら、水切れさせないように水を与えます。
肥料 春の半ばから有機質固形肥料を株元に置きます。また、同時に液体肥料も施し始め、秋の成長期が終わるまで、週1回程度施し続けます。 病気と害虫 病気:特にありません。 害虫:カイガラムシ まれにカイガラムシがつくので注意します。鉢の間隔をあけて置き、風通しよくして予防しましょう。
用土(鉢植え) 特にありません。 植えつけ、 植え替え 鉢植えで栽培している場合は、2年に1回程度、植え替えます。バルブ数が10本以上になったら株分けも可能ですが、あまり細かく分けないほうがよく育ちます。コルクなどに着生させて栽培するときは、植え替えの必要はありません。1回コルクにつけると10年ぐらいはそのままで、元気に育ちます。 ふやし方 株分けでふやすことができます。株分けするときは、あまり細かく分けないことが大切です。1株に、バルブが5本以上つくように分けましょう。
主な作業 花がら摘み:花が終わりかけたら、花がら摘みをしておくとよいでしょう。株姿もよく、支柱立てもほぼ不要で、ほかに特に作業はありません。
0
0
Article
玲儿
2017-09-25
玲儿
ブラサボラの基本情報 学名:Brassavola 科名 / 属名:ラン科 / ブラサボラ属 特徴 ブラサボラは棒状の細長い葉と、バルブが一体になったような株姿で、短く直立するものと、バルブ状の葉を下垂させて育つ種類があります。1本の花茎に、細い花弁の小花を複数咲かせます。また、香りのよい種類もあります。カトレアに近い仲間で、カトレア属やレリア属などとの属間交配にも使われています。 強い日ざしを好み、棒状のバルブ(葉)は、かなり強い日ざしに当たっても日焼けしにくい性質があります。逆に日当たりが悪いと、花つきが悪くなります。
カトレアに近い仲間としては、丈夫でやや低めの温度でも栽培が可能です。下垂して育つタイプは、コルクづけなどにして栽培すると野性味があって楽しめます。なお、一般にはあまり流通しないので、洋ラン専門店などで探してみるとよいでしょう。
種類(原種、園芸品種) ブラサボラ・ノドサ Brassavola nodosa ブラサボラを代表する原種。小柄で棒状の直立するバルブをもち、細い花弁の白緑色の花を多数咲かせる。香りもよい。
ブラサボラ・リトルスターズ Brassavola Little Stars ノドサの花を一回り小ぶりにしたような花。株も、ノドサよりも細め。秋から冬にかけて、白緑色の花を咲かせる育てやすい交配種。 ブラサボラ・ツベルキュラータ Brassavola tuberculata やや長めで、細い棒状のバルブを下垂させる原種。白緑色の花は、原種のノドサによく似ている。
0
0
Article
玲儿
2017-09-25
玲儿
フラグミペディウムの育て方・栽培方法 育て方のポイント 栽培環境・日当たり・置き場 冬は室内のやや暖かめの場所に置きます。最低10℃を維持すると株が弱ってきません。窓辺でレースのカーテン越し程度の日光に当てます。春から秋までは戸外で栽培しますが50%程度の遮光をします。暑さには強い種類が多いのであまり心配はいりませんが、気温の高いときほど頻繁にシャワー灌水をしておくと元気に夏を過ごせます。一部の原種は腰水をして栽培できるものもありますが、常に新鮮な水につけておくようにします。特に夏の暑いときは水が温まらないように注意します。
水やり 水が好きなランですから、1年を通して鉢内が乾かないような水やりを心がけます。鉢内が乾いてしまうと、葉先が枯れ込むなどの症状が出てきます。真夏は鉢内の水分が熱せられてしまうので、朝夕に新鮮な水をたっぷりとかけます。 肥料 よく似たパフィオペディラムに比べると、肥料を好むランです。規定倍率に薄めた液体肥料を春から秋まで7~10日に1回程度施します。 病気と害虫 病気:新芽の腐り ほとんど病気や害虫の心配はありません。まれに新芽が腐ることがありますが、腐った部分をきれいに取り除き、新鮮な水を与えていると次の芽が伸びてきます。
用土(鉢植え) 水が好きな植物ですから、水もちのよい植え込み材料を選びます。プラスチック鉢に水ゴケで植えるのを基本としますが、ピートモスを主体とするミックスコンポストや、水をよく含むソフト系バークの小粒で植えてもよく育ちます。 植えつけ、 植え替え 植え替えは2年に1回程度行います。春から秋まで可能ですが、真夏日が続くときは行わないようにします。 ふやし方 株をふやしたいときは、株分けでふやせます。かなり大きくなった株を3~4芽で1株になるようにハサミで切り分け、通常の植え替えと同様に鉢に植えます。株分けは春から秋まで行えますが、真夏日の続くときは避けます。
主な作業 古葉の除去:姿のよく似たパフィオペディラムに比べると生育が早いので、その分、古くなった葉が枯れてきます。枯れ込んできて軽く横に引っ張ると取れるようになった葉は、きれいに取り除いておきます。
0
0
Article
玲儿
2017-09-25
玲儿
フラグミペディウムの基本情報 学名:Phragmipedium 科名 / 属名:ラン科 / フラグミペディウム属 特徴 フラグミペディウムは株や花の形状がパフィオペディラムによく似たランですが、原産地が異なり、またその性質も異なります。中米から南米北部の1年を通して雨の多い地域を原産地とするため、水をたいへん好むランです。左右に広がる葉を6~8枚つけ、その中央から花芽を伸ばして開花します。 株や花のサイズは種類によりかなり差があり、ミニ洋ランに含められる大きさから株幅が80cm以上にもなる大型種もあります。通常1花茎に複数の花をつけますが、一度にたくさんの花を咲かせることはなく、1輪から2輪ずつ開花します。また花が新鮮なうちにぽろっと落ちることもあります。これはフラグミペディウムの特徴ですから心配はいりません。地味な色彩の花が多いのですが、最近はオレンジ色から赤系の鮮やかな色もふえてきています。 一般の園芸店ではあまり販売されませんから洋ラン専門店で探してみましょう。 種類(原種、園芸品種) フラグミペディウム・ペアルセイ Phragmipedium pearcei エクアドル原産の小型の原種。草勢が強く、新芽をどんどん出して育つ強健種。主に夏に花芽を伸ばし、小型の緑茶色の花を咲かせる。
フラグミペディウム・ベッセ Phragmipedium besseae エクアドル、ペルー原産の色鮮やかなオレンジ色の花を咲かせる原種。オレンジ色系交配種の重要な親となっている。夏の間は常に新鮮な水を与えるとよく育つ。
セデニー Phragmipedium Sedenii ピンクの中輪花の交配種。生育おう盛で育てやすい。古くからある品種で、まれに園芸店などで販売されている。 グランデ Phragmipedium Grande 主に初夏咲きの大型交配種。花色は茶緑色。迫力のある花だが、その分、株も大型になる。広い栽培場所のある方向け。 フラグミペディウム・ロンギフォリウム Phragmipedium longiforium 夏から秋によく咲く中型の原種。花色は緑茶色。葉はやや細めで、花がないときは観葉植物代わりにもなる美しい葉をしている。
エリックヤング Phragmipedium Eric Young ベッセを親にした交配種で、オレンジ色の大輪花を咲かせる。株はやや大型。不定期咲きで、気温の低いときに咲くと花色が鮮やか。 フラグミペディウム・コウダータム Phragmipedium caudatum 中米から南米にかけて広く分布する原種。原産地では木の幹に着生していることもある。花は緑茶色で、花弁が長く伸びるのが特徴。 ハンネポポウ Phragmipedium Hanne Popow オレンジ色とピンクの原種から生まれた小型交配種。ピンクの花が多いが、まれにオレンジ色もある。 ドンウィンバー Phragmipedium Don Wimber ベッセを親にした交配種で、オレンジ色の大輪花を咲かせる。株はやや大型。エリックヤング同様不定期咲きで、気温の低いときに咲くと花色が鮮やかになる。 シリミー Phragmipedium schlimii ピンク色のかわいらしい花を咲かせる原種。花の割に株は大きくなる。やや夏の暑さには弱い。
0
0
Article
玲儿
2017-09-25
玲儿
プテロスティリスの育て方・栽培方法 育て方のポイント 栽培環境・日当たり・置き場 多くの洋ランと同じ置き場でよく、秋と春は40%遮光程度の日光がよく当たる場所に置きます。冬は、ガラス越しの日光が当たる室内に置いて管理しましょう。生育中の地上部は蒸れを嫌うので、狭い空間に置いて蒸れないように注意します。夏は地下部の球根を掘り上げ、乾燥しない状態を保ちながら冷暗所で保管します。 水やり 植え込み材料が乾かないように、水を十分与えることが必要です。生育期間中は、常に新鮮な水を与え続けましょう。 肥料 生育期間の10月から1月ごろの間は、規定倍率の2倍ぐらいに薄めた液体肥料を週1回程度施します。 病気と害虫 病気:特にありません。 害虫:ナメクジ 特にありませんが、ナメクジの食害に注意し、発見しだい捕殺します。 用土(鉢植え) 水はけがよく、かつ保水性のあるやや細かな砂質の用土を使用します。川砂と鹿沼土などの微粒を混ぜて使ってもよいでしょう。 植えつけ、 植え替え 夏が終わるころ、底穴が多く水はけがよいプラスチック鉢に植えつけます。あまり深植えしないように注意し、バルブ1個分の深さを目安に植え込みます。 ふやし方 数年にわたって栽培すると、地下の球根(バルブ)がふえてくるので、これを分球し、ふやすことが可能です。 主な作業 春から初夏にかけて地上部が枯れたら、球根(バルブ)を掘り上げ、乾燥を防ぐために水ゴケなどで軽く包み、秋まで冷暗所で保管します。
0
0
Article
Related Users
Elite Article
FeedBack

You have any problems or suggestions, please leave us a message.

Please enter content
Download GFinger APP

Scan QR code, download GFinger APP to read more.

QR Code

Scanning QR Code, directly to see the home page

Switch Language
Set
VIP
Sign out
Share

Share good articles, GFinger floral assistant witness your growth.

Please go to the computer terminal operation

Please go to the computer terminal operation

Forward
Insert topic
Remind friend
Post
/
Submit success Submit fail Picture's max size Success Oops! Something wrong~ Transmit successfully Report Forward Show More Article Help Time line Just Reply Invite you to chat together! Expression Add Picture comment Only support image type .JPG .JPEG .PNG .GIF Image can't small than 300*300px At least one picture Please enter content