Home
Posts
Article
Encyclopedia
Garden
Set
English
  
Followed
+
Follow
Posts (913)
玲儿
2017-09-24
玲儿
トキソウの育て方・栽培方法 育て方のポイント 栽培環境・日当たり・置き場 湿原に生える植物で、とても日当たりを好みます。また、日陰で育てると間のびしてまとまりが悪くなります。1年を通して棚上で日当たりのよい環境で育てます。夏も多少葉が焼ける程度なら日当たりのよいほうが株は充実します。ただし、鉢の中が蒸れるようなら寒冷紗で50%遮光します。冬は極端に凍結する場合は、棚下や無加温フレームなどで強い凍結から守ります。 水やり 水を好む植物で、薄く1cmほどの腰水にすると管理は楽ですが、停滞水は嫌います。夏場は水温の上昇などもあるので、毎日たっぷりと水やりをします。冬も乾燥は嫌います。常に用土に湿り気を感じる程度に水をやりましょう。冬に乾かしすぎて枯らすことがよくあるので注意してください。
肥料 4月下旬から7月上旬と9月下旬から10月下旬までの成長期に、2週間に1回の割合で液体肥料を施します。根茎で四方に広がるものなので元肥や置き肥は施しません。 病気と害虫 病気:炭そ病、ウイルス病、白絹病 芽出し時に葉が萎縮して花や葉に黒い斑点が出たら炭そ病やウイルス病です。株が突然枯れて根に白い菌糸が見られたら白絹病です。 害虫:ナメクジ、ヨトウムシ、バッタ、アブラムシ ナメクジやヨトウムシ、バッタなどに食害されます。花にはアブラムシがつくことがあります。 用土(鉢植え) 普通水もちのよい水ゴケだけで栽培します。2~3mm目の細かい鹿沼土と赤玉土を1:1で配合したものも使えます。この配合土か、2~3mm目の鹿沼土と1cmに刻んだ水ゴケを7:3で配合したものもよいでしょう。
植えつけ、 植え替え 芽出し前の休眠中に行います。鉢は、平鉢かやや浅めの鉢が似合います。大きく広がるので口径の広い鉢がよいでしょう。鉢の底に鹿沼土の粒径1cm前後のゴロ土を薄く敷いて、少し培養土を入れます。根をバランスよく広げたら芽を上にして、根のすき間にくまなく培養土を入れます。深さは芽の位置が鉢縁より少し低い程度です。培養土を芽の上までかぶせて完成です。植え込み後はたっぷりと水をかけて芽出しを待ちます。通常、植えつけ後1年目は小さめですが、2年目にはしっかりした芽が出てきます。 植え替えは、2年に1回が理想です。2年も過ぎると鉢の中は細い根がインスタントラーメンのようにぎっしりと詰まっています。芽出し前に鉢を抜いたら、手で大ざっぱに株分けします。根土が傷んでいる場合はきれいにほぐしますが、健全な場合はあまり用土をくずさず、大きく分けて鉢のサイズに広げて培養土をかぶせるように植え替えます。根をほぐした場合は、太い芽が中心にくるように植え込みの要領でバランスよく植え替えます。 ふやし方 株分け:植え替えの際に行います。芽をつけた根茎が連なるように伸びているので、なるべく長く、芽数を多くつけた状態で株分けします。 主な作業 花がら摘み:花後にタネがつくと株が疲れるので花がらを摘み取ります。
0
0
Article
玲儿
2017-09-24
玲儿
トキソウの基本情報 学名:Pogonia japonica 和名:トキソウ(朱鷺草)  その他の名前:朱鷺蘭(ときらん) 科名 / 属名:ラン科 / トキソウ属 特徴 トキソウは、本州や北海道を中心に日本各地の湿原や湖沼に見られる湿地性の野生ランです。比較的海岸に近い湿地から高層湿原まで垂直分布は広く、多くの群落をつくっています。 春、芽出しのときに、葉に包まれるように花芽を抱いて出てきます。葉は細いへら状で1本の茎に1枚のみ葉をつけます。葉の展開と同時に花芽が伸びて、晩春から初夏に優しい桃紫色の花を咲かせます。花後、結実したものは子房が大きくふくらみタネになります。地中には根茎が這い、次々と新しい芽を伸ばしてふえます。晩秋には葉が枯れて地上部がなくなり休眠に入ります。
とてもかわいらしい野生ランですが、乱獲や開発により自生地は激減しています。生産増殖された苗が春に出回りますが、加温して咲かせているのでやや軟弱です。ご自身の栽培環境に合うよう、つくり直すつもりで育ててください。 種類(原種、園芸品種) ヤマトキソウ Pogonia minor 日本各地に分布するが、山地の明るい斜面や林床に生え、群落はあまりつくらない。花は全開せず、やや上向きに咲く。花色は淡い色が多い。
0
0
Article
玲儿
2017-09-24
玲儿
デンファレの育て方・栽培方法 育て方のポイント 栽培環境・日当たり・置き場 1年を通して暖かい気候を好むので、冬の置き場が大切です。寒くなるとまず葉が黄変し、ぱらぱらと落ちてきます。冬でも葉が緑色でしっかりとしていれば温度の心配はないと思ってください。品種により異なりますが、目安としては18℃以下になると葉が黄変してきます。葉が落ちてもバルブがしっかりと緑色で堅いまま残れば春に新芽を出すはずです。ただ葉がなくなると、なんともみすぼらしい感じがしますから、できるだけ葉を落とさない管理をしましょう。 日当たりが好きなので、一年中よく日光の当たる場所で管理します。春から強い光に慣らせば、真夏の直射日光でも日焼けはほとんどしません。
水やり 5月ごろの気温が高くなるころから9月いっぱいは、一番の生育期になるのでたっぷりと与えます。冬はやや乾かし気味でも大丈夫ですが、からからにしてはいけません。 肥料 4月に1回、緩効性化成肥料を施し、5月から9月の間は液体肥料を週に1回施します。真夏の気温の高いときも肥料は休まず施し続けます。 用土(鉢植え) 水ゴケ植えか、バークなどのミックスコンポストで植えます。背が高くなるためひっくり返りやすいので、水ゴケで素焼き鉢に植えておくと倒れても抜けずにすみます。
植えつけ、 植え替え やや気温が上がってくる4月中旬から5月に植え替えを行います。春の植え替え時期を逃した場合は、9月初めのまだ気温の高いときに植え替えを行いましょう。 ふやし方 株分けでふやすのが基本ですが、急に大きくは育たない洋ランで、かなり大きくならないと株分けはできません。まれにバルブの頂部に高芽を出すので、高芽から根が伸びてきたら切り取って植えるとふやすことができます。
主な作業 花がら摘み:開花期間が長い洋ランですが、下の花からだんだんと終わってきます。しおれ始めた花を見つけたら、指でつまみ取るかハサミで切り取りましょう。
0
0
Article
玲儿
2017-09-24
玲儿
デンファレの基本情報 学名:Dendrobium 科名 / 属名:ラン科 / セッコク属(デンドロビウム属) 特徴 デンドロビウム・ビギバムという原種をもとに交配してできてきたデンドロビウムの交配種群を日本ではデンファレと呼び、そのほかのデンドロビウムと分けています。草丈が大きくなる切り花用の大輪系から小型の鉢花として楽しめるミニ系までさまざまなタイプがありますが、いずれも細長い茎状のバルブの頂部から花茎をほぼ直立に伸ばし、コチョウランの花形によく似た花を咲かせます。デンドロビウムでありながら、花の咲き方や花形がコチョウラン(ファレノプシス)に似ていることからつけられた和名といってもよいでしょう。
もともと熱帯性の交配種なので、低温が苦手です。切り花として一年中出回りますが、鉢物は主に6月から9月の気温の高いときに多く販売されます。小型のタイプは大型に比べやや低い温度に耐えますが、あまり気温が低いと葉がすべて落ちるので、やはり寒さには当てないようにします。
種類(原種、園芸品種) パンダ系 いわゆるデンファレの代表的なタイプ。丸みを帯びた花弁をもち、花弁先端の部分がやや濃色になる赤紫系の中〜大輪花。 ソニア系 やや長めの花茎をもち、花弁がとがり気味の中〜大輪花。花色は赤紫系。 ビギバム系 ミニデンファレ系。やや薄めの花弁をもち、花も株も小柄なタイプ。花色は白、ピンク、赤紫色など。
0
0
Article
玲儿
2017-09-24
玲儿
デンドロビウム・フォーモサム系の育て方・栽培方法 育て方のポイント 栽培環境・日当たり・置き場 冬の極端な寒さ、夏の極端な暑さは避けます。5月ごろから9月末ごろまでは戸外で風に当てながら管理し、冬の間は室内の日当たりのよい窓辺に置きます。 日当たりが悪いと花芽をつけにくくなるので、1年を通して日当たりのよい場所で栽培します。ただし、真夏の直射日光は避け、明るめの遮光をします。また、梅雨の長雨のときは屋根のある場所に置きます。
水やり デンドロビウムとしては比較的水を多くほしがるタイプですが、常に鉢内がびしょびしょでは根を傷めます。しっかり水を与えたあとは、やや乾いてくるまで水を控え、鉢の表面が少し乾いてきたらまたたっぷりと与えます。 肥料 固形の有機質肥料を春から初夏まで施し、同時に液体肥料を春から秋まで週1回の割合で施します。肥料を施す期間中に蕾が出てきたら、蕾が大きくなるまで液体肥料を施すのを数回休みます。 病気と害虫 病気:葉に黒い斑点 葉に黒い斑点が入ることがあります。 害虫:アブラムシ 蕾がつく季節のアブラムシに注意します。
用土(鉢植え) 水ゴケと素焼き鉢の組み合わせか、細かめの洋ラン用バークとプラスチック鉢との組み合わせで植え込みます。 植え込み材料と鉢は、水やり後比較的短時間で乾いてくる組み合わせとします。鉢内がいつまでもびっしょりとぬれた状態でいると、根を腐らせる原因になるので注意します。 植えつけ、 植え替え 2年に1回程度、春の新芽が伸び出す直前に行い、新芽が大きく伸びてからの植え替えは避けます。春の植え替え時期を逃した場合は、秋の初めに植え替えを行います。
ふやし方 株分けでふやすのが基本です。また高芽(バルブの途中から伸び出したわき芽)に根が伸び出してきたら親株から切り取り、鉢に植えてふやすこともできます。 主な作業 花がら摘み:花が茶色くしおれてきたら花がら摘みを行います。古い花を株元に置いておくと新芽が腐ることがあるので注意します。 支柱立て:バルブが高く伸びる品種は支柱を立て、開花したあと倒れないようにしておきます。
0
0
Article
玲儿
2017-09-24
玲儿
デンドロビウム・フォーモサム系の基本情報 学名:Dendrobium その他の名前:デンドロビューム 科名 / 属名:ラン科 / セッコク属(デンドロビウム属) 特徴 原種のデンドロビウム・フォーモサム(Dendrobium formosum)をもとに改良された品種群をフォーモサム系と呼びます。この系統はバルブに細かな黒い毛が生えているため、ブラックヘアータイプとも呼ばれます。一番多く流通している交配種にフォーミディブルという交配種があるため、フォーミディブル系と呼ばれることもあります。 ほとんどの交配種はバルブ頂部の2~3節にまとめて花をつけ、バルブの下の部分に花をつけることはありません。まれにバルブの上半分くらいまで花をつける品種もあります。またノビル系と異なり、一度花を咲かせたバルブに再び花をつけることもあります。 比較的寒さにも強いタイプですから、冬の間室内の窓辺に置けば栽培が可能です。夏は日当たりがよく、風のよく通る場所で栽培します。40℃近くにもなる真夏の高温は苦手なので注意しましょう。 種類(原種、園芸品種) フォーミディブル Dendrobium Formidible フォーモサム系を代表する交配種。黄色のマークが入るリップをもつ白く美しい大輪花。初夏に多く開花する。
ウィンター・ドーン Dendrobium Winter Dawn 小型の交配種。乳白色の花弁にオレンジ色のリップをもつ花。花がとても長もちする品種。 デンドロビウム・ベラチュラム Dendrobium bellatulum 草丈10cmにも満たない小型の原種。乳白色の小輪花をバルブ頂部に咲かせる。 グリーン・ランタン Dendrobium Green Lantern バルブの上半分くらいの節々に、やや薄緑色で肉厚の中輪花を咲かせる交配種。花がたいへん長もちする。 シルバー・ベルズ Dendrobium Silver Bells フォーミディブルによく似た交配種。リップの奥もほぼ白く、大きく迫力のある花を咲かせる。 デンドロビウム・フォーモサム Dendrobium formosum このタイプの基本となる原種。バルブ頂部に、白色でリップ奥に黄色の色彩が入る中輪花を咲かせる。
0
0
Article
玲儿
2017-09-24
玲儿
デンドロビウム・ノビル系の育て方・栽培方法 育て方のポイント 栽培環境・日当たり・置き場 3月下旬から11月上旬までは戸外で管理し、冬の間は室内の日当たりのよい窓辺に置きます。 1年を通し十分日光に当てることが大切で、特に長い時間日に当てるようにするとよく開花します。5月初めから9月初めまでは弱めの遮光をして葉焼けを防止します。庭木の下などはやや暗すぎる場合が多いので注意が必要です。また、できるだけ株どうしの間隔をあけ、風通しがよくなるようにします。 水やり もともと樹木に着生するランですから、根がびっしょりとぬれたままになるのは嫌います。水をたっぷりと与えたあとは、植え込み材料がやや乾いてくるまで次の水やりは行いません。初夏から9月ごろまでは生育が旺盛になるので、この期間のみ、ややぬれていてもたっぷりと水を与えます。10月からは乾かし気味にし、ややバルブがやせてくる程度の水やりとします。その後節々から花芽が見え始めたら水をやや多めにして、開花まで同様の水やりをします。
肥料 ノビル系は肥料を施す期間が限られているため、長期間にわたり肥料効果がある緩効性化成肥料は避けます。4月から7月末まで月1回固形の油かす系肥料を施し、さらに週に1回液体肥料も施します。8月以降も株は成長を続けますが、肥料は施しません。 病気と害虫 病気:葉に黒い斑点 夏にバルブが大きく育ち、みずみずしい葉がつくころから秋にかけ、葉に黒い斑点が出ることがありますが、生育に大きな影響はありません。 害虫:ナメクジ 新芽や花芽はナメクジの食害を受けやすいため、春の新芽の時期と冬から春の花芽の時期は特に注意します。 用土(鉢植え) 水ゴケと素焼き鉢の組み合わせか、細かめの洋ラン用バークとプラスチック鉢との組み合わせで植え込みます。
植えつけ、 植え替え 植え替えは2年に1回程度、春の花後に行うのが標準。春遅くに開花した場合は、早めに花を切って植え替えを行います。 ふやし方 バルブの上部に高芽を比較的多く出します。高芽が小さなバルブになり、根を伸ばしたころを見計らって指で摘み取り、水ゴケで小さな鉢に植えつけます。また、株が大きくなった場合はバルブを4本程度ずつつけて株分けも可能です。
主な作業 花がら摘み:節々に咲く花は1輪ずつしぼんでくるので、しぼんできた花から順次指で摘み取る。半分以上の花が終わってきたら、節から伸びる短い花茎をハサミで切り取る。バルブを根元から切らないように注意しましょう。バルブを切ってしまうとその後生育しなくなってしまいます。 支柱立て:秋、バルブがほぼ伸びたころに、支柱を立て株の姿を整えておきます。ただし、小型の品種はバルブがしっかりと立ち支柱が不要のものも多くなっています。
0
0
Article
玲儿
2017-09-24
玲儿
デンドロビウム・ノビル系の基本情報 学名:Dendrobium その他の名前:デンドロビューム 科名 / 属名:ラン科 / セッコク属(デンドロビウム属) 特徴 デンドロビウム(ノビル系)は、現在日本での品種改良が世界のトップレベルを誇るランです。節のある茎状のバルブをほぼ直立に伸ばして生育します。毎年、数本のバルブを伸ばし、節々に花芽をつけ開花します。ノビル(Dendrobium nobile)という原種をもとに交雑育種が行われたので、ノビル系(ノビルタイプ)と呼ばれます。近年は日本原産のセッコク(Den.moniliforme)との交雑も進み、小型のノビル系もふえつつあります。 耐寒性に富み、株そのものが凍らないかぎり枯死することのない丈夫なランです。園芸店では冬に満開の株が販売されていますが、通常の開花期は春です。栽培法や品種により、落葉してから開花するものと、葉をつけたまま開花するものがありますが、いずれの場合も葉は1年程度で落葉します。
種類(原種、園芸品種) オリエンタル・スマイル‘ファンタジー’ Dendrobium Oriental Smile ‘Fantasy’ 人気のオレンジ色系交配種です。黄色ベースの花弁にオレンジ色の覆輪が入る美しい花です。 イエロー・ソング‘レモン・ケーキ’ Dendrobium Yellow Song ‘Lemon Cake’ さわやかなレモンイエローの交配種です。リップのみやや濃色になりアクセントの効いた丈夫な品種です。 ハマナ・レイク‘ドリーム’ Dendrobium Hamana Lake ‘Dream’ やや小型で濃赤紫色の品種。春咲きで花つきがよく栽培しやすい交配種。 セカンド・ラブ‘ときめき’ Dendrobium Second Love ‘Tokimeki’ ほのかにピンク色になる白系中輪花。冬から春咲きでたいへん花つきのよい交配種。
デンドロビウム ノビル Dendrobium nobile ノビル系交配種のもととなったインド、ヒマラヤ地方原産の原種。明るい赤紫色の花を節々に咲かせます。
0
0
Article
玲儿
2017-09-24
玲儿
デンドロビウム・キンギアナム系の育て方・栽培方法 育て方のポイント 栽培環境・日当たり・置き場 できるだけ強い日光の当たる場所で管理します。春4月ごろから戸外で直射日光に当てて栽培すると、葉も丈夫になり真夏の強光でも日焼けをすることが少なくなります。戸外に出す時期が遅くなった場合は、初夏から秋まで弱めの遮光をしないと葉焼けを起こすことがあるので注意します。寒さには比較的強いですが、10月下旬には室内に取り込み、日当たりのよい窓辺に置くようにします。
水やり 春の新芽の伸び始めから秋にバルブが完成するまでは、比較的多めに施します。秋から冬は乾燥させます。春に花芽が伸び始めたら十分な水やりを行います。花芽が伸び始めてから水が足りなくなると、せっかくの蕾が開花せずに落ちてしまいます。 肥料 肥料は少なめでも比較的よく育つランです。5月から7月までに集中的に施し、そのほかの季節は肥料は施しません。長期間にわたり肥料効果のある緩効性化成肥料は効きすぎになることもあるので避け、固形の油かす系肥料を月1回置き肥します。さらに液体肥料も週1回施します。秋遅くまで肥料を施してしまうと、高芽をふやしたり、開花しなくなるので注意します。
病気と害虫 害虫:アブラムシ、カイガラムシ 病害虫は少ないランですが、花芽が伸びたときにアブラムシがよくつきます。また、株が込み合っているとバルブにカイガラムシがつくことがあります。 用土(鉢植え) 水ゴケと素焼き鉢の組み合わせか、細かめの洋ラン用バークとプラスチック鉢との組み合わせで植え込みます。 植えつけ、 植え替え 植え替えは2年に1回程度、春の花後に行うのが標準。春遅くに開花した場合は、早めに花を切って植え替えを行いましょう。
ふやし方 春に株分けをしてふやします。あまり小さく分けると生育不良になるので、最低でも5バルブ程度はつけるようにします。株の頂部に高芽を出すこともあるので、その場合は高芽に根が出てきてから摘み取り小さな鉢に植えつけます。 主な作業 花がら摘み:花が半ばまで終わったらバルブと葉を残して花茎を根元から切ります。 株は自然に形が整い、花茎もしっかりと自立するランですから、支柱立てなどの作業は必要ありません。
0
0
Article
玲儿
2017-09-24
玲儿
デンドロビウム・キンギアナム系の基本情報 学名:Dendrobium その他の名前:デンドロビューム 科名 / 属名:ラン科 / セッコク属(デンドロビウム属) 特徴 オーストラリア原産の原種デンドロビウム・キンギアナム(Dendrobium kingianum)をもとに交雑育種されてきた交配種群をキンギアナム系と呼びます。株の形態が多くのデンドロビウムと異なり、根元が太く上部が細くなる、やや堅いバルブの上部に葉をつけます。上部の葉の間にある節から花茎を伸ばし、たくさんの小輪花を穂状に咲かせます。ノビル系などのほかのデンドロビウムとの交雑はほとんどなく、独特の形態をもったデンドロビウムです。花色は赤紫からピンク系、白がほとんどでしたが、最近では黄色い花をもつ交配種もできてきました。香りも比較的強いものが多く、よい香りのものからやや強すぎるものまであります。 強い日光を好み、日当たりが悪いと花をつけなくなります。一度咲いたバルブにも翌年以降花芽をつけることがあるので、古いバルブも取り除かないほうがよいでしょう。 種類(原種、園芸品種) デンドロビウム・キンギアナム Dendrobium kingianum このタイプの基本の原種。小型で花も小輪が多い。
イースター・パレード Dendrobium Easter Parade 中型の交配種。花茎がしっかりと直立する。
ベリー Dendrobium Berry キンギアナムよりも一回り大きな交配種。
ホホエミ Dendrobium Hohoemi キンギアナムよりも一回り大きな交配種。
スペシオキンギアナム Dendrobium Specio-kingianum やや大型の交配種。
バードローズ Dendrobium Bardrose やや大型の交配種。
デンドロビウム・スペシオサム(タイミンセッコク) Dendrobium speciosum 大型の原種で、キンギアナム系との交雑によく使われる。長い花茎にボリュームのある花を咲かせる。和名はオオダイミンセッコク。タイミンセッコク(大明石斛)ともよく呼ばれる。
0
0
Article
Related Users
Elite Article
FeedBack

You have any problems or suggestions, please leave us a message.

Please enter content
Download GFinger APP

Scan QR code, download GFinger APP to read more.

QR Code

Scanning QR Code, directly to see the home page

Switch Language
Set
VIP
Sign out
Share

Share good articles, GFinger floral assistant witness your growth.

Please go to the computer terminal operation

Please go to the computer terminal operation

Forward
Insert topic
Remind friend
Post
/
Submit success Submit fail Picture's max size Success Oops! Something wrong~ Transmit successfully Report Forward Show More Article Help Time line Just Reply Invite you to chat together! Expression Add Picture comment Only support image type .JPG .JPEG .PNG .GIF Image can't small than 300*300px At least one picture Please enter content