Home
Posts
Article
Encyclopedia
Garden
Set
English
  
Followed
+
Follow
Posts (913)
玲儿
2017-09-26
玲儿
コバイモの基本情報 学名:Fritillaria japonica 和名:コバイモ  その他の名前:ミノコバイモ、テンガイユリ 科名 / 属名:ユリ科 / バイモ属 特徴 コバイモ(ミノコバイモ)は、本州中部と近畿地方の山地の林床斜面に生えるスプリング・エフェメラル(早春植物。春早くに花を咲かせて成長し、体力もつけて1年分の仕事をすませ、夏には休眠してしまう植物)です。春、雪解けとともに落ち葉の中から褐色の芽を伸ばします。芽は2枚の下葉と3枚の上葉で包むように花芽を抱き、葉が展開するにつれて蕾を伸ばし開花します。葉は細く褐色がかった緑色で紋様があります。成熟していない未開花株では葉は1枚。花は淡い褐白色の、基部に突起のある釣り鐘形で下向きに咲きます。葯は白色。花が終わると結実、緑色の三角の果実をやや上向きにつけます。5月も半ばを過ぎると葉は黄変してタネがはじけ、6月には休眠に入り、そのまま地下で過ごし春を待ちます。生育期間のとても短い日本産のフリチラリア(テンガイユリ)の仲間ですが、小型で渋い花は日本人好みです。 コバイモには、ほかに数種類が見られますが、いずれも開発や乱獲で自生地が激減しており、最近ではタネからふやした球根が流通しています。 種類(原種、園芸品種) コシノコバイモ Fritillaria japonica var. koidzumiana 北陸地方に多く分布するが、東北や中部の太平洋側にもまれに見られる。全体に大柄で、花弁の隆起線に緑の毛状突起があるので区別できる。葯は白色。
アワコバイモ Fritillaria muraiana 四国の一部に見られるものでミノコバイモに似る。花のモザイク模様が強く、葯が褐色なので区別は容易。 イズモコバイモ Fritillaria ayakoana 中国地方の一部に見られる貴重種。やや大型で、花の上部に突起がなく傘状に開く。葯があまり開かない。 カイコバイモ Fritillaria kaiensis 関東地方南部や中部地方に見られる。イズモコバイモに似ているが全体に薄いモザイク模様があり小型で丸みがある。 ホソバナコバイモ Fritillaria amabilis 本州西部と九州に見られ、先端の開いた細い筒状の花は薄い褐色のストライプがあり特徴がある。葯は白色。
トサコバイモ Fritillaria shikokiana 四国と九州にまれに見られ、ホソバナコバイモとよく似た細い筒状の花を咲かせる。花には褐色の斑紋を散らし、葯は紫褐色で区別できる。
0
0
Article
玲儿
2017-09-26
玲儿
グロッバの育て方・栽培方法 育て方のポイント 栽培環境・日当たり・置き場 高温多湿を好み、夏の強光線を避けた半日陰が適します。暗すぎる場所では花つきが悪くなり、軟弱に育ちます。庭植えする際は、腐葉土や堆肥などの有機物を十分すき込んでください。寒さに弱く、根茎も戸外では冬越しできないので10月中に掘り上げ、バーミキュライトなどに埋めて凍らないように室内で保管します。鉢植えの場合は地上部が枯れたら水を切り、そのまま室内で翌年の5月まで保管します。 水やり 鉢土の表面が乾いてから与えます。おう盛に生育する夏は毎日与え、水切れに十分注意します。庭植えした場合は、夏に土の表面が乾いたら水やりをしてください。
肥料 春から秋の成長期に、三要素が等量か、リン酸分がやや多めの化成肥料を置き肥として規定量施します。 病気と害虫 ナメクジの食害を受けることがあるので注意してください。 用土(鉢植え) 赤玉土小粒7、腐葉土3といった水はけのよい用土が適します。 植えつけ、 植え替え 根茎の植えつけは5月ごろが適期です。5~6号サイズの鉢に2~3球、地表から3cm程度の深さに植えます。鉢植えの植え替えも5月が適期です。生育初期に多湿、多肥にすると枯死することがあるので注意します。
ふやし方 株分け(分球):小さく分けすぎるとその後の成長が遅くなるので注意します。 主な作業 花茎切り:花がらが枯れ始めたら見苦しいので切り取ります。
0
0
Article
玲儿
2017-09-26
玲儿
クロッカスの育て方・栽培方法 育て方のポイント 栽培環境・日当たり・置き場 日当たりと水はけがよいことが大切です。地上部のない時期は日陰でもかまいませんが、芽出しから開花後、葉が出ている間は、庭植え、鉢植えともに半日以上は日光の当たるところを選びます。日当たりが悪いと球根が太らず、翌年以降は花が咲きにくくなります。秋に球根を植えると根が伸び出し、地中では新しい芽の成長が始まります。春咲き種では早春に地上に葉が出てまもなく開花し、6月ごろには枯れて休眠に入ります。球根は毎年新しく更新されます。
水やり 秋から春まで、生育中は極端に乾かさないよう注意し、特に鉢植えでは十分に与えます。 肥料 植えつけるときに、少量の元肥と苦土石灰を用土に混ぜておきます。開花後は早めに追肥を施し、球根を太らせます。粒状の化成肥料、液体肥料いずれでもよく、カリ分の多いものが適します。 病気と害虫 少ないほうですが、水はけが悪いと球根が腐りやすくなります。ネズミや野鳥などの食害を受けることもあります。 用土(鉢植え) 球根類専用の用土も市販されていますが、一般の草花用培養土でも十分です。鉢底に大粒の鹿沼土などを入れて水はけをよくしておくとよいでしょう。水栽培をはじめ、玉砂利やガラス玉などの中に植えても容易に開花します。
植えつけ、 植え替え 植えつけ:10月から11月に球根2個分の間隔と深さに植えつけます。鉢やコンテナ植え、花壇の中でのマッス植えでは、間隔をあけずに浅く植えて観賞することもできますが、球根の太りは悪くなります。 植え替え:夏の休眠中の病害虫予防のため、6月ごろに葉が枯れたら掘り上げて秋まで乾燥貯蔵しておきます。芝生の中など、場所によっては数年間植えっぱなしで毎年花を楽しむこともできます。
ふやし方 自然分球でふえます。芽の数だけ新しい球根ができますが、数が多すぎたり、日当たりや肥料分が十分でなかったり、浅植えだったりすると球根が太らず、小さな球根ばかりで花が咲きにくくなります。 主な作業 球根の植えつけ後、開花までは特にありません。タネが実ると球根の太りが悪くなるので、花がらは早めに根元から抜き取ります。黄花のラージイエローや秋咲きのサフランは3倍体でタネができません。
0
0
Article
玲儿
2017-09-26
玲儿
クロッカスの基本情報 学名:Crocus その他の名前:ハナサフラン 科名 / 属名:アヤメ科 / サフラン属(クロッカス属) 特徴 クロッカスが早春の日を受けて一斉に花開く様子は、まばゆいばかりで、春の訪れを感じさせてくれます。小さいながらも存在感があり、霜や凍結にも負けずに元気に咲くキュートな花は親しみもあり、古くから栽培されてきました。小型の球根草花なので、ちょっとしたスペースで手軽に花が楽しめ、ヒアシンス同様、水栽培も容易です。また、芝生の中に三々五々と植えると、いかにも自然な雰囲気を醸し出すことができます。原種は80種ほどあり、園芸品種も多数育成されています。最も古くから栽培されているのがサフラン(Crocus sativus)で、紀元前から薬用・料理用に利用されてきました。花壇植えなど観賞用では、クロッカスの代表格ともいえる早咲きの‘ラージ・イエロー’や‘イエロー・マンモス’、そしてそのあとに続くように咲くベルナス種(C.vernus)の紫や白の品種が一般的です。2月に咲く寒咲き系には、C・シーベリーやC・クリサンサスなどの小型種があり、品種も多く花色のバラエティに富んでいます。 種類(原種、園芸品種) サフラン Crocus sativus 秋咲き種。赤の雌しべが特徴。大きな球根で、植えつけず、そのまま机の上においても咲く。
クロッカス・スペシオサス Crocus speciosus 秋咲き種。10月咲き。‘コンケロール’などいくつかの品種があり、葉はあとから出る。 クロッカス・シーベリー Crocus sieberi 寒咲き種。2月上旬ごろに咲く早咲き種。 ‘アドバンス’ Crocus × ‘Advance’ 寒咲きクロッカスと呼ばれるクリサンサスハイブリッドの1品種。このグループは品種がバラエティに富む。
‘イエロー・マンモス’ Crocus flavus ‘Yellow Mammoth’ 明るいオレンジ色や黄色い花を咲かせるC・フラバスの交配種。春咲き種で、2月から3月に開花。
‘ジャンヌ・ダルク’ Crocus vernus ‘Jeanne d'Arc’ 3月から4月咲きの大輪種。ダッチクロッカスと呼ばれるC・ベルナスの園芸品種の一つ。
0
0
Article
玲儿
2017-09-26
玲儿
クロコスミアの育て方・栽培方法 育て方のポイント 栽培環境・日当たり・置き場 幅広い環境に適応し、土質もあまり選びません。理想的には、日当たりと水はけがよく、適温を保てる場所ですが、乾燥にも強く、半日陰でも育てられます。耐寒性は弱いのですが、地中で球根が凍らなければ、寒地でも冬越しできます。種や品種によって多少の強弱があり、栽培環境によっては、株がふえやすいものとふえにくいもの、花つきのよいものとそうでないものが見られます。 水やり 庭植えでは、よほどのことがないかぎり必要ありません。 鉢植えは、用土が乾き始めたらたっぷりと与えます。春の生育期から夏の開花期までは乾かさないように管理しますが、秋以降の休眠期は乾燥させてもかまいません。
肥料 庭植えは無肥料でもよいくらいで、肥料分が多いと葉が茂りすぎて倒れやすくなります。鉢植えは、春の成長期に少量施します。 病気と害虫 病気:特にありません。 害虫:ハダニ ハダニがつきやすく、葉が白く透けたようになります。高温乾燥で被害が出やすいので、こまめに葉水をかけます。天敵を利用するのもよい方法です。 用土(鉢植え) 一般の草花向けの培養土が利用できます。赤玉土7、腐葉土3の配合土なども使えます。
植えつけ、 植え替え 春に球根を植えつけます。深さは球根の高さの3倍くらい、株間は20cmくらいとします。数年間は植えっぱなしでかまいません。開花期に花のついた鉢植えが出回ることもあり、これを植えつけることもできます。 ふやし方 株が混み合ってくると、花つきが悪くなり、徒長して倒れやすくなるので、球根ごと間引くか、または休眠中に掘り上げて、大きい球根だけを選んで植えつけます。鉢植えは根詰まりしやすいので、1~2年ごとに株分けして植え直します。
主な作業 株分け:主に株分けでふやします。分球することはほとんどないので、地下茎の先にできた新しい球根を植え直します。 タネまき:春か秋に行いますが、確実なのはとりまきです。タネまき後、3年目くらいから開花します。 間引き、株分け:繁殖力が旺盛で、よくふえるので、適宜間引きや株分けで本数を制限しておくとよいでしょう。 枯れた茎葉の切り取り:秋以降は枯れた茎葉を切っておきます。
0
0
Article
玲儿
2017-09-26
玲儿
クロコスミアの基本情報 学名:Crocosmia 和名:ヒメヒオウギズイセン(姫檜扇水仙)  その他の名前:モントブレチア、トリトニア 科名 / 属名:アヤメ科 / クロコスミア属 特徴 クロコスミアは、モントブレチアやヒメヒオウギズイセンの名前で古くから栽培され、親しまれている花です。細長い剣状の葉が群生し、夏に色鮮やかな花が穂になって咲きます。性質が強く、よくふえるので、野生化したものが各地で見られます。 クロコスミア属には7種があり、最も一般的なのは、クロコスミア・オーレア(ヒオウギズイセン、Crocosmia aurea)とクロコスミア・ポトシー(C. pottsii)の交配種のクロコスミア・クロコスミイフロラ(ヒメヒオウギズイセン、C. × crocosmiiflora)です。品種も多く、その数は300以上もあります。地下には球根(球茎)があり、地下茎を伸ばして、その先端に新しい球根が毎年1個ずつできてふえていきます。これが3~4年分くらい枯れずに残るので、団子が連なっているように見えます。冬は休眠する春植え球根ですが、植えっぱなしでほとんど手がかかりません。丈夫な宿根草として扱われ、緑化材料としても利用されています。
種類(原種、園芸品種) クロコスミア・クロコスミイフロラ Crocosmia × crocosmiiflora 和名はヒメヒオウギズイセン。明治の中ごろに日本に導入され、現在では野生状態のものが各地で普通に見られる。 ‘ルシファー’ Crocosmia ‘Lucifer’ 草丈1m以上になる大型種。朱赤の鮮明な花色が印象的。
‘エミリー・マッケンジー’ Crocosmia ‘Emily Mckenzie’ 草丈40〜50cm、花径5〜6cmの大輪種。オレンジ色の花に赤いリング状の模様が入る。 ‘コロンブス’ Crocosmia ‘Columbus’ 草丈50〜70cm、花は鮮やかな黄色。 ‘ゲルベ・ドール’ Crocosmia ‘Gerbe d’Or’ 草丈40〜50cm。花は濃い黄色で、葉色はやや銅葉となる。
‘ジョージ・ダビッドソン’ Crocosmia ‘George Davidson’ 明るい黄色の花の小輪多花性種。 クロコスミア・マソノラム Crocosmia masonorum オレンジ色の中型種。交配親としても重要な種。
0
0
Article
玲儿
2017-09-25
玲儿
クルクマの育て方・栽培方法 育て方のポイント 栽培環境・日当たり・置き場 日なたから半日陰に置くことができますが、よく日光に当てたほうが花つきがよくなり、株姿もコンパクトにまとまります。おう盛に生育する夏は土の乾燥を避け、十分な水分が必要です。根茎(棒状に肥大した球根)の掘り上げは10月中に行い、バーミキュライトなどに埋めて凍らないように注意し、翌年の5月まで室内で保管します。根茎も寒さに弱いため、戸外で植えたままにすると枯れてしまうので注意します。
水やり 鉢土の表面が乾いてから水を与えてください。生育期は乾燥を嫌うので、夏に日当たりのよい場所で管理する場合は毎日与えます。特に高温乾燥が激しい場合には朝夕1日2回、水やりをするとよいでしょう。 庭植えした場合は、夏に土の表面が乾いたら水やりをします。 肥料 春から秋の成長期に、三要素が等量か、リン酸分がやや多めの化成肥料を置き肥として規定量施します。よく開花しているときは肥料を多く必要とするので、液体肥料も併用して施します。開花期間が長いので、肥料切れに注意してください。
病気と害虫 病害虫の心配は特にありません。 用土(鉢植え) 赤玉土小粒7、腐葉土3といった水はけのよい用土が適しますが、市販の培養土を使ってもよいでしょう。 植えつけ、 植え替え 根茎を植えつけるのは5月の大型連休過ぎごろが適期です。5~6号サイズの深さのある腰高鉢などを用い、地表から3㎝程度の深さに1球植えつけます。生育初期に多湿、多肥にすると枯死することがあるので注意します。
ふやし方 株分け(分球):大きく育った根茎を分けてふやすことができます。根が伸びた先のイモ状にふくらんだ部分に養分を蓄えるので、分ける際はイモ状の部分をとらないように注意してください。 主な作業 花茎切り:花後は咲き終えた花茎を切り戻します。
0
0
Article
Related Users
Elite Article
FeedBack

You have any problems or suggestions, please leave us a message.

Please enter content
Download GFinger APP

Scan QR code, download GFinger APP to read more.

QR Code

Scanning QR Code, directly to see the home page

Switch Language
Set
VIP
Sign out
Share

Share good articles, GFinger floral assistant witness your growth.

Please go to the computer terminal operation

Please go to the computer terminal operation

Forward
Insert topic
Remind friend
Post
/
Submit success Submit fail Picture's max size Success Oops! Something wrong~ Transmit successfully Report Forward Show More Article Help Time line Just Reply Invite you to chat together! Expression Add Picture comment Only support image type .JPG .JPEG .PNG .GIF Image can't small than 300*300px At least one picture Please enter content