Home
Posts
Article
Encyclopedia
Garden
Set
English
  
Followed
+
Follow
Posts (913)
玲儿
2017-09-25
玲儿
グラジオラス(春咲き)の育て方・栽培方法 育て方のポイント 栽培環境・日当たり・置き場 鉢植えは、日当たりがよく雨のかからない場所に置きましょう。厳寒期はフレームなどに取り込んで防寒します。 庭植えでは、日当たりと水はけのよい場所に植えつけましょう。厳寒期はビニールなどで覆って防寒します。酸性土を嫌うので、植えつけ前に苦土石灰を施し、土壌酸度を中和しておきましょう。
水やり 鉢植えは、栽培期間を通して、土の表面が乾いたら底穴からは流れ出ないか、少ししたたるぐらいの量の水を与えましょう。過湿によって根腐れしやすいので、鉢底石を敷くなどして、過湿を避けましょう。 庭植えには、特に水やりは必要ありません。 肥料 鉢植えのものには、3月から5月に緩効性化成肥料(N-P-K=6-9-8など)を施します。 庭植えのものには、肥料は不要です。
病気と害虫 病気:特にありません。 害虫:アブラムシ、スリップス、ハダニ 3月から6月、特に新芽にアブラムシ、スリップス、ハダニが発生しやすいので、よく観察し、発生したら適用のある薬剤で防除しましょう。 用土(鉢植え) 水はけのよい弱アルカリ性の土を好むので、赤玉土中粒5、腐葉土3、酸度調整済みピートモス2の配合土などに、適量のリン酸分の多い緩効性化成肥料と、1リットル当たり2gの苦土石灰を施して植えつけます。
植えつけ、 植え替え 適期は9月から12月です。鉢植え、庭植えともに、球根の高さの3倍の深さの穴を掘って植えつけましょう。 ふやし方 分球:6月から7月か9月から10月に球根を掘り上げたとき、球根がふえていたら分けてふやすことができます。大きな球根のまわりに小さな球根がたくさんつくことがあり、これを木子(きご)と呼びます。木子は、1個ずつ植えつければ、1年で開花する株に育ちます。ただし、夏咲き系統はたくさんの木子をつけますが、春咲き系統はあまり数がつきません。
主な作業 防寒:厳寒期の12月から2月には防寒が必要です。早く植えつけた球根は、厳寒期に葉を伸ばし、寒さで傷んでしまうので、ビニールで覆うかフレームに取り込んで寒さよけをしましょう。 支柱立て:3月から5月に花茎が伸びてきたら支柱を立て、倒れないようにしましょう。
0
0
Article
玲儿
2017-09-25
玲儿
グラジオラス(春咲き)の基本情報 学名:Gladiolus 和名:トウショウブ(唐菖蒲)  その他の名前:オランダアヤメ 科名 / 属名:アヤメ科 / トウショウブ属(グラジオラス属) 特徴 グラジオラスは、アフリカからヨーロッパ、アジア西部に300種ほどが知られている球根植物です。グラジオラスの球根は茎が肥大して養分をためられるようになったもので塊茎と呼ばれます。 グラジオラスは咲く時期によって春咲きと夏咲きに分けられます。ここで解説する春咲き系統は、カルディナリス種(Gladiolus cardinalis)、トリスティス種(G. tristis)、スカリィ種(G.scullyi)、カルネウス種(G. carneus)、オポシティフロールス種(G. oppositiflorus)などの、ケープ地方原産の野生種を交配してつくられたもので、3月から5月にかけて開花する春咲きです。また、近年見られる春咲き系統には、リリアセウス種(G. liliaceus)、インボルツス種(G. involutus)を交配したものもあるとされていますが、長年にわたって多くの野生種が交配に使われた結果、祖先種が不明になっています。
9月から10月に球根を植えつけると、冬までに葉が育つので、寒さで傷まないように霜よけをします。また、遅い10月から12月に植えつけると葉が出るのも遅くなるため、寒さによる傷みを避けられますが、花数は少なくなります。過湿を嫌うので、雨の当たらない軒下や、一段高く盛り土にした花壇に植えつけるか、あるいは鉢植えにして、雨に当てないように育てましょう。なお、酸性土を嫌うので、適量の苦土石灰を施し、土壌酸度を中和してから植えつけ、連作も避けてください。 種類(原種、園芸品種) コルビリー系 Gladiolus × colvillei イギリスでカルディナリス種(G.cardinalis)とトリスティス種(G. tristis)を交配してつくられた古い系統。5月から6月に開花。 トリスティス系 基本種のトリスティス種(G. tristis)とトリスティス種の変種(G. tristis var. concolor)が知られる。性質強健な原種で、多くの春咲き系統の交配親にされている。4月から5月咲き。
ナヌス系 矮性早咲き系統を総称してナヌス系と呼びます。下側になる花弁にひし形の斑紋があるのが特徴。4月から5月咲き。 グラジオラス・リリアセウス Gladiolus liliaceus 茶色系を中心として花色に変化が大きい原種。近年交配育種に利用されつつある。4月から5月咲き。
0
0
Article
玲儿
2017-09-25
玲儿
グラジオラス(夏咲き)の育て方・栽培方法 育て方のポイント 栽培環境・日当たり・置き場 日当たりのよいことが大切な条件です。少なくとも半日くらいは日光が当たらないと、花が咲きにくくなります。最低温度15℃以上、日中は25℃以上で生育が活発になりますが、これより低くても生育は可能です。球根の植えつけは、霜や凍結の心配がなくなってから、3月下旬以降が適期で、7月まで順次時期をずらして植えることができます。植えてから咲くまで約3~4か月、木子からでは5か月くらいかかります。本葉が2枚展開したころから球根の中に花芽(蕾のもと)がつくられるため、この時期からの低温、低日照、極端な乾燥は、花がきれいに咲かない原因となりますから注意が必要です。
水やり 乾燥には強いのですが、成長期には十分な水分を必要とします。庭植えでは、バークチップなどでマルチングをするか、丈の低い草花を株元に植えるのもよい方法です。鉢植えは、本葉が出てから開花まで、土の表面が乾いたらたっぷり水を与えます。開花後はやや乾かし気味にしてもかまいません。 肥料 比較的やせ地でもよく育ちます。庭植えは、元肥と開花後にお礼肥を施します。鉢植えは、元肥のほか、葉が茂っている間、月に1回置き肥を施すか、月に3回くらい液体肥料を施します。いずれもチッ素分はやや少なく、リン酸、カリ分の多いものが適します。
病気と害虫 病気:首腐病、ウイルス病など 肥料分、特にチッ素が多いと球根が腐りやすくなります。また、連作すると、首腐病などの病気が出やすくなりますから、2~3年で植え場所を変え、鉢植えは毎年新しい用土を使うようにします。ウイルス病の発生した株は処分します。 害虫:ハダニ ハダニがつきやすいので、水で洗い流すとよいでしょう。 用土(鉢植え) 庭植えでは、堆肥や腐葉土を混ぜ、土壌をよくして植えつけます。鉢植えは、赤玉土7、腐葉土3の配合土や、一般の草花用培養土など、水はけのよいものであれば、土質はあまり選びませんが、少量の苦土石灰を混ぜておくとよいでしょう。
植えつけ、 植え替え 球根の高さの2倍くらいの土がかぶさるような深さに植えます。間隔は10cm以上あけます。丸みと厚みのある球根がよい球根で、扁平なものはよくありません。木子は直径1cm以上あれば十分開花します。大きな球根は2つに切り分けて、切り口に石灰などをつけて植えるのもよい方法です。 ふやし方 分球:新球の回りにたくさんの木子ができるので、必要な分をとっておきます。 タネまき:タネも実ります。これをまくと、3年目には花が咲くようになりますが、元の親と異なる花が咲くことも多くあります。
主な作業 土寄せ、支柱立て:花が咲くと倒れやすいので、蕾が伸びてきたら、根元に土を寄せるか、または支柱を立てておきます。蕾は成長するので、支柱との結び目には注意します。 球根の掘り上げ、貯蔵:秋に葉が枯れてきたら株を掘り上げて日陰で乾燥させます。完全に乾いてから茎葉を切り取り、球根の選別を行います。春に植えたときの球根はしなびて枯れているので取り除き、木子も取り外して別々にし、冬期は凍らないところで貯蔵します。
0
0
Article
玲儿
2017-09-25
玲儿
グラジオラス(夏咲き)の基本情報 学名:Gladiorus hybridus 和名:トウショウブ(唐菖蒲)  その他の名前:オランダアヤメ 科名 / 属名:アヤメ科 / トウショウブ属(グラジオラス属) 特徴 グラジオラスは夏花壇を彩るポピュラーな花の一つです。横向きに整然と並んで次々に咲き上がる様子は壮大で、花壇の中でも特に目を引きます。すらりと伸びた花穂と剣のような形の硬い葉が特徴で、学名のグラジオラス(Gladiorus)はラテン語で「小さな剣」という意味があり、葉や蕾の形からつけられています。南アフリカを中心として欧州、西アジア、マダガスカルに180種ほどの原種が自生し、このうち熱帯アフリカや南アフリカの10種類ぐらいの種がもとになって多数の園芸品種が育成されています。花色のバラエティーが非常に豊富ですが、大きく分けると大輪のグランディフロラ系と小輪のピクシオーラ系とがあり、春植え球根として扱われています。球根は茎が変形した球根で、一つの球根にいくつもの成長点をもっています。球根は毎年新しく更新され、さらに新球のまわりには木子(きご)と呼ばれる豆粒大の小さな球根がたくさんできます。
種類(原種、園芸品種) ‘トラベラ’ ラベンダーピンクのやさしい上品な花色。丈夫でつくりやすく、花つきのよい早生品種で、遅く植えても秋に花が楽しめる。 ‘ツルーラブ’ 丈夫でつくりやすい品種。花穂が長く、花が密につき、ボリュームがある。草丈も高い。やや晩生品種。
‘ヘクター’ 明るく鮮やかな朱赤の大輪品種。茎が堅くてしっかりしていて、つくりやすい丈夫な品種。 ‘富士の雪’ クリームホワイトの大輪品種。花数が多く、草丈が高く、ボリューム感がある。 ‘春の泉’ 鮮明な赤色の大輪品種。花が一方向にかたよらず、四方に向かって咲く。 ‘新日本’ 淡いサーモンピンクで中心部に赤色が入るチャーミングな花。草丈はやや低め。
0
0
Article
玲儿
2017-09-25
玲儿
カンナの育て方・栽培方法 育て方のポイント 栽培環境・日当たり・置き場 日当たりと水はけがよく、肥沃な場所で育てます。暖地では、冬は盛り土やマルチングなどの防寒をすれば露地で冬越ししますが、それ以外の地域では、葉が枯れたら鉢ごと室内に取り込むか、庭植えの場合は根茎を掘り上げ、ピートモスなどに埋めて貯蔵します。暖かい室内では芽が動く(成長を始める)ことがあるので、凍らない程度の場所で貯蔵しましょう。
水やり 鉢土が乾いたら、水やりします。実生系の品種においては、鉢を水につけて栽培することも可能で、真夏は腰水灌水すると管理が楽になります。 庭植えの場合は、干ばつのとき以外は、水やりはほとんど必要ありません。 肥料 植えつけ時に元肥として緩効性化成肥料を施しておき、その後は芽が出たら月に1回、三要素等量の肥料を置き肥します。
病気と害虫 特にありません。 用土(鉢植え) 水はけがよく、通気性に富み、適度な保水性のある土が適しています。市販の草花用培養土を用いるか、赤玉土5、腐葉土4、牛ふん堆肥(馬ふん堆肥)1の配合土を用いるとよいでしょう。 植えつけ、 植え替え 4月下旬から5月に根茎を植えつけます。鉢植えの場合は8~10号鉢に1球、庭植えの場合は植え穴を50cmくらいの深さに掘り、根茎の上には10cmくらいの覆土をし、間隔は40cmほどあけて植えつけます。暖地では9月植えもでき、植えっぱなしでかまいません。
ふやし方 分球:根茎を、2~3芽つけて、くびれた部分で切り離して分けます。4月から5月の芽が動き始めたころが、根茎を分割しやすいのでおすすめです。 主な作業 花がら摘み:1つの花房が咲き終わったら、花房のつけ根のところで切ります。
0
0
Article
玲儿
2017-09-25
玲儿
カンナの基本情報 学名:Canna その他の名前:ハナカンナ 科名 / 属名:カンナ科 / ダンドク属(カンナ属) 特徴 カンナは真夏の炎天下、大きな葉の間から鮮やかな花を元気に咲かせます。現在の品種の多くは、1850年ごろからアメリカ、フランス、イタリアなどで、さまざまな原種間で交配を繰り返して作出された品種で、ハナカンナと呼ばれています。花が大きく、花色も変化に富んでいます。また、葉色が美しい品種も多く、赤や黄色の縞斑、白のはけ込み斑、銅葉など多彩です。
地下に根茎をもつため、土壌の乾燥に強いですが、一方で根が水につかるようなところでもよく育ちます。特に実生系の品種は、鉢を水につける腰水灌水が可能で、真夏の水やりが楽にできます。
種類(原種、園芸品種) 「トロピカル」シリーズ Canna Tropical Series 実生系品種。草丈50cmほどで、葉の上から明るい色彩の花を突き出して咲かせる。 「ストリアタ」グループ Canna Striata Group 明るい黄色の斑が入る葉をもち、オレンジ色の花を咲かせる。 ‘アメリカン・レッド・クロス’ Canna ‘American Red Cross’ 緑葉に大輪で緋紅色の花をつける銘花。 ‘バンコック’ Canna ‘Bangkok’ 草丈60cmほどの矮性種。緑色の葉には黄色の縞斑が入り、花は黄色の花弁の中央に白色の斑が入る。
0
0
Article
玲儿
2017-09-25
玲儿
ガルトニアの育て方・栽培方法 育て方のポイント 栽培環境・日当たり・置き場 カンディカンス種は標高2000mくらいの場所に自生し、比較的耐寒性もあり、よほどの寒地でないかぎり、植えっぱなしで宿根草のような扱いができます。ほとんど手のかからない植物で、日当たりと水はけのよい場所であれば、肥料分の少ない用土でも十分に生育・開花し、乾燥にも耐えます。 水やり 庭植えでは、ほとんど必要ありません。多湿の状態が続くと球根が腐りやすくなるので、水はけをよくしておきます。 鉢植えでは、春から秋までの生育期間、葉が茂っている間は、用土が乾き始めたらたっぷり与えます。乾燥に強く、水やりを忘れても枯れることはありませんが、成長・開花には十分な水分が必要です。 肥料 庭植えでは、ほとんど必要ありません。鉢植えでは、春に芽が出てきてから6月ごろまで、月に1~2回液体肥料を施します。
病気と害虫 病気:日当たりと風通しがよく、水はけのよい場所で、多肥多湿に注意していれば、ほとんど見られません。 害虫:アブラムシなど アブラムシなどの防除を行います。 用土(鉢植え) 赤玉土7、腐葉土3の配合用土など、一般の草花用培養土が利用できます。 植えつけ、 植え替え 植えつけ:4月から5月に球根を植えつけます。株間は30~40cmでもよいし、草姿が縦長なので株間15cmくらいに密植することもできます。 鉢植えは4号鉢に1球が目安です。3号鉢で咲かせることも可能で、6号鉢なら5~6球植えられます。 植え替え:冬の休眠期は掘り上げた球根を乾燥貯蔵しますが、庭植えでは数年間植えっぱなしで育てることもできます。 鉢植えは、1~2年ごとに新しい用土で植え直したほうが、よく生育し、花も多く咲きます。冬の間は、鉢植えのまま乾燥貯蔵しておき、春4月ごろに植え直します。
ふやし方 タネまき:あまり分球しない性質なので、タネをまいてふやすのが確実です。開花後、さやがふくらみ、茶色くなってきたら、タネが落ちないうちに採種します。そのタネをすぐにまくか、春にまきます。タネまきから3~4年で開花します。 主な作業 花がら摘み:タネをとらない場合は、咲き終わった花がらを早めに切り取ります。
0
0
Article
玲儿
2017-09-25
玲儿
ガルトニアの基本情報 学名:Galtonia 和名:ツリガネオモト  その他の名前:サマーヒアシンス,サマーヒヤシンス 科名 / 属名:キジカクシ科 / オオアマナ属(ガルトニア属) 特徴 ガルトニアは、南アフリカ原産の春植え球根で、4種あります。属名は、南アフリカ産植物の研究者で人類学者のフランシス・ガルトン卿の名前に由来します。 このうち最も一般的に栽培されているのは、ガルトニア・カンディカンス(Galtonia candicans)です。「サマーヒアシンス」とも呼ばれ、単にガルトニアといえば、ほとんど本種を指します。白い鐘形のふっくらとした長さ3~4cmの花が、20輪くらい、長い穂になって咲きます。蕾は上向きにつきますが、開くと垂れ下がります。草姿は、ヒアシンスを縦長に大きく伸ばしたような、すらりとした形で、花壇の植え込みではよいアクセントになります。 カンディカンス種以外では、花色が淡黄緑でやや小輪のビリディフロラ種(G. viridiflora)や、全体に小型で、花弁が細く、花が鐘形にならないプリンセプス種(G. princeps)もわずかですが栽培されています。 ※科名:ヒアシンス科、ユリ科で分類される場合もあります。 種類(原種、園芸品種) ガルトニア・カンディカンス‘ムーンビーム’ Galtonia candicans ‘Moonbeam’ カンディカンス種の八重咲き品種。花は垂れずに上向きに咲く。 ガルトニア・カンディカンス Galtonia candicans 最も一般的で多く栽培されている種類。
ガルトニア・ビリディフロラ Galtonia viridiflora 草丈40〜60cmくらいで、カンディカンス種より全体的に小型。淡い黄緑色の花を多数咲かせる。
0
0
Article
玲儿
2017-09-25
玲儿
カラジウム(カラジューム)の育て方・栽培方法 育て方のポイント 栽培環境・日当たり・置き場 できるだけ日当たりのよい場所に置き、茎葉が軟弱にならないようにします。鉢植えは明るい日陰に置いてもよいのですが、直射日光に当てた場合より、葉色の美しさが劣ります。また、急に日照量が変化すると葉が傷むので、置き場を変えるときは、徐々に日光に慣らしていきます。 庭植えにする場合も日当たりがよい場所がよく、腐植質が多く水はけがよい土に植えます。
水やり 鉢土の表面が乾いてきたら与えます。また、室内に置いた鉢植えは、葉水をこまめに与えるとよいでしょう。秋になって葉が次第に黄ばんできたら水やりを少しずつ控え、寒さがくる前に水やりを中止して休眠させます。休眠中は室内の暖かい場所に置き、鉢土は乾かします。 庭植えの場合は、よほど晴天が続かないかぎり、水やりの必要はありません。 肥料 春から秋の生育期に緩効性化成肥料を2か月に1回施します。または月に2回程度液体肥料を施すのもよい方法です。
病気と害虫 病気:白絹病など 白絹病は春から秋に発生します。発生を見たら早めに防除します。 害虫:ハダニ、オンシツコナジラミ 葉がある時期ならいつでも発生します。発生を見たら早めに防除します。 用土(鉢植え) 肥よくで水はけのよい用土(例:赤玉土小粒5、ピートモス2、パーライト2、牛ふん堆肥1の配合土など)で植えつけます。
植えつけ、 植え替え 春(3月中旬から5月)に、休眠している球根を掘り上げ、植え替えます。根は球根の上部付近から出てくるので、植えつける際に、浅植えにならないように注意します。 ふやし方 分球:春に越冬株を掘り上げて植えつけるとき、大きな球根は数個に分けます。鋭利なナイフで切り分けますが、必ず芽を数個つけて分けます。切り口には灰などを塗ってください。 主な作業 芽かき:芽が少ない場合には、植えつけ後、伸びてきた芽を元から折ります。その後の芽数が多くなり、葉が展開するとボリュームのある株になります。 花芽かき:新芽が出るときに花芽がつくことがありますが、取り除いてください。
0
0
Article
Related Users
Elite Article
FeedBack

You have any problems or suggestions, please leave us a message.

Please enter content
Download GFinger APP

Scan QR code, download GFinger APP to read more.

QR Code

Scanning QR Code, directly to see the home page

Switch Language
Set
VIP
Sign out
Share

Share good articles, GFinger floral assistant witness your growth.

Please go to the computer terminal operation

Please go to the computer terminal operation

Forward
Insert topic
Remind friend
Post
/
Submit success Submit fail Picture's max size Success Oops! Something wrong~ Transmit successfully Report Forward Show More Article Help Time line Just Reply Invite you to chat together! Expression Add Picture comment Only support image type .JPG .JPEG .PNG .GIF Image can't small than 300*300px At least one picture Please enter content