Home
Posts
Article
Encyclopedia
Garden
Set
English
  
Followed
+
Follow
Posts (913)
玲儿
2017-09-25
玲儿
カラジウム(カラジューム)の基本情報 学名:Caladium 和名:ハイモ  その他の名前:カラディウム 科名 / 属名:サトイモ科 / ハイモ属(カラジウム属) 特徴 カラジウムは、涼しげな葉模様やカラフルな葉模様がトロピカルな雰囲気を醸し出す、夏に楽しめる春植え球根として欠かせない植物です。ミニ観葉から小鉢、また、花壇でも楽しめます。熱帯アメリカに7種が自生しています。 一般に市販されているものはホルツラヌム(Caladium × hortulanum)の品種です。これらは葉が矢尻形で、葉色がカラフルです。最も流通している品種は古くから栽培されている‘キャンディダム’(C. × hortulanum ‘Candidum’)で、‘白鷺’とも呼ばれています。よく似ている品種に‘ホワイト・クリスマス’(C. × hortulanum ‘White Christmas’)があります。また、‘ホワイト・クイーン’(C. × hortulanum ‘White Queen’)、‘ローズバッド’(C. × hortulanum ‘Rosebud’)ほか、たくさんの品種が出回っています。ヒメカラジウム(C. humboldtii)は小型の種類で、ヒメハニシキの和名もあります。小型で長さ10cm、幅5cmとなり、緑色地に白色の斑点が散在します。 種類(原種、園芸品種) ‘キャンディダム’ Caladium × hortulanum ‘Candidum’ 葉は緑色地で、脈間に白色斑が入る品種。‘白鷺’とも呼ばれる。
‘ホワイト・クリスマス’ Caladium × hortulanum ‘White Christmas’ 葉は緑色地で、脈間に白色斑が入る。‘キャンディダム’より緑色の葉脈が目立ち、白色の斑は少ない。
‘ローズバッド’ Caladium × hortulanum ‘Rosebud’ 葉の中央部は赤桃色、その外側に白色の斑が入り、葉縁が緑色となる品種。
‘アーロン’ Caladium × hortulanum ‘Aaron’ 葉の中央部が大きく白色となり、葉縁が緑色となる品種。 ‘スカーレット・ビューティー’ Caladium × hortulanum ‘Scarlet Beauty’ 葉の中央部が赤色で、葉縁が緑色となる品種。
0
0
Article
玲儿
2017-09-25
玲儿
カタクリの育て方・栽培方法 育て方のポイント 栽培環境・日当たり・置き場 鉢植えは、秋から春まで日なたで育てます。晩春ごろに葉が黄色くなり始めたら、明るい日陰へ移動させます。夏の間はなるべく温度変化が小さく、涼しい日陰に置きます。 庭植えの場合は落葉樹の下に植え、腐葉土をよく混ぜ合わせて20cmほど土を盛り上げたところに植えます。 水やり 鉢植えは表土が乾いたら十分に与えます。葉のある間は決して乾燥させないように、砂床に埋めておくか、二重鉢にして乾燥を防ぎます。底穴から給水ひもを垂らして底面給水にするのもよい手段です。休眠中も乾かさないように注意し、砂床に入れてほかの植物と一緒に水やりをするか、地面に鉢ごと埋めておきます。 庭植えの場合はあまり雨が降らず、植物が常にしおれている状態なら水を与えます。休眠中は特に必要ありません。
肥料 鉢植えは、秋に三要素等量配合の緩効性肥料を、1株当たり二つまみ置き肥します。これとは別に、秋からリン酸分の多い液体肥料を週1回、3000倍に薄めて施します。同時にブドウ糖を1000倍に薄めて週1回施します。液体肥料とブドウ糖は葉が枯れ落ちるまで続けます。 庭植えでも同様に施肥するとよく育ちますが、液体肥料とブドウ糖だけでも十分です。 病気と害虫 病気:さび病 さび病は2月から3月に発生します。葉に赤茶色の粉がついたような病斑ができ、葉が変形して花も咲かなくなります。感染した葉は切り捨てて焼却します。 害虫:特にありません。
用土(鉢植え) 硬質鹿沼土(または日向土)、軽石、赤玉土(または桐生砂)の各小粒を等量に混ぜます。山草鉢のような乾きやすい鉢の場合は、軽石の量を減らすか、赤玉土の量をふやして、もう少し水もちをよくします。腐植質のもの(腐葉土や細かいヤシ殻チップ)を3割程度混ぜるのもよいでしょう。 植えつけ、 植え替え 鉢植えは2~3年に1回、8月から9月上旬に植え替えます。球根は、根が伸びる余地を確保するため深鉢を使い、深さ10cmに植えます。 庭植えの場合は、植えっぱなしでもかまいません。エリスロニウム‘パゴダ’のように旺盛にふえる種類で、株が込みすぎたら、鉢植えと同じ時期に掘り上げ、分球して植え直します。
ふやし方 タネまき:開花まで6~7年かかりますが、一番効率的にふやせる方法です。 初夏に果実が少し黄色くなり始め、先が割れたら、すぐにタネを回収し、とりまきします。タネを乾燥して保存することはできません。親株と同じ用土にまき、苗床を乾かさないように管理すると、翌春に緑色の糸状の葉が出てきます。雑草と間違えて抜かないように注意しましょう。親株同様に肥料を施し、3年目くらいの8月から9月上旬に個別の鉢や地面に植え替えます。葉が2枚になったら開花します。 分球:非常に順調に成長している株ならば、子株がつくのでそれを分けてふやします。適期は植え替えと同じです。ただし、日本のカタクリは球根でふえる力が弱いので、分球ではめったにふやせません。 主な作業 花がら摘み:タネをとらないときは、咲き終わった花は摘み取って実を結ばないようにします。
0
0
Article
玲儿
2017-09-25
玲儿
カタクリの基本情報 学名:Erythronium japonicum 和名:カタクリ(片栗)  その他の名前:カタカゴ 科名 / 属名:ユリ科 / カタクリ属 特徴 カタクリは早春の落葉樹林を飾る植物として、季節の話題にのぼる球根植物です。主に低山から山地の落葉樹林、ときに亜高山帯の雪が遅くまで残るくぼ地などに生えます。 「春植物」と呼ばれる植物の代表で、早春にほかの草木に先駆けて芽生え、花を咲かせると、ほかの植物が大きくなる初夏には休眠に入ってしまいます。そのため、地上部は春の3か月間ほどしかありません。しかし、秋には地下で根が伸びて発芽の準備を整えています。 花は茎先に1輪咲き、花弁のつけ根にはW字形の模様があります。花は夜や、気温の低い日には閉じて開きません。葉は開花株では2枚、まだ花が咲かない株では1枚つきます。葉には茶色と淡緑色の斑紋のあるものと、ないものがあります。地下には細長い薄皮に包まれた球根(鱗茎[りんけい])があります。タネにはエライオソームという塊がついていて、これが好物のアリによって、別の場所に運ばれます。
カタクリは栽培容易とはいいがたく、市販品には山採り株が多いため栽培はおすすめしません。‘パゴダ’のような丈夫な園芸品種を選ぶか、時間をかけてタネから育てるとよいでしょう。海外の山草会の会員になると、外国産の多くの種類のタネを入手できます。 種類(原種、園芸品種) エリスロニウム‘パゴダ’ Erythronium ‘Pagoda’ 性質強健で毎年咲き、暖地でも育てやすく、よくふえる。花は明るいカナリヤイエローで基部に赤い斑紋があり、枝分かれした花茎に1〜4輪咲く。最も初心者向き。
エリスロニウム‘ホワイトビューティー’ Erythronium ‘White Beauty’ 花茎は枝分かれして1〜4輪の花をつけ、クリームホワイトの花が咲く。強健さは‘パゴダ’に少し劣る。 エリスロニウム・ヘンダーソニー Erythronium hendersonii 花は白から薄いピンクで、濃い赤紫色の斑紋が入り、枝分かれした花茎に1〜4輪咲く。葉にも紋様や斑紋が入る。カリフォルニア州とオレゴン州の州境付近に分布。 エリスロニウム・デンスカニス Erythronium dens-canis 日本のカタクリに似たヨーロッパ産の種類。花は赤みが強く、花弁基部の斑紋ははっきりしない。カタクリよりふえやすく、多くの園芸品種がある。 エリスロニウム・アメリカヌム Erythronium americanum 姿形や生育環境は日本のカタクリによく似るが、花は黄色く、花弁の基部の模様はない。走出枝を伸ばしてふえる。北米大陸の東部に分布。
0
0
Article
玲儿
2017-09-25
玲儿
エゾエンゴサクの育て方・栽培方法 育て方のポイント 栽培環境・日当たり・置き場 鉢植えの場合、芽が出始めたら日当たりがよく、風がゆるく流れる暖かい場所で管理して花を咲かせます。暖地では早春に咲くので、凍結や遅霜に注意します。花後から葉がしっかりするころには50%の遮光下か半日陰へ移して葉焼けや傷みを防ぎ、少しでも葉を長く保たせます。休眠中は日陰の涼しい環境を好みます。葉が枯れたら涼しい棚下などへ移動させ、芽出しまでそのまま棚下などで管理します。 庭植えの場合は、木もれ日がさして落ち葉がたまる場所を好みます。ただし、北国の植物なので、暖地ではあまり庭植えには向きません。 水やり 斜面に生える植物なので停滞水を嫌います。芽が出始めたら朝1回の水やりで成長を促します。休眠後は常に用土が軽く湿っている状態に水を与え、多湿や凍結、極端な乾燥を避けます。球根を乾燥させると芽出しが萎縮してよい花が咲かず、株も弱ります。
肥料 芽出しが始まったら市販の山野草用の置き肥をし、さらに2週間に1回程度、三要素(チッ素、リン酸、カリ)等量の液体肥料を施すと効果的です。 病気と害虫 病気:軟腐病 最も多く見られるのは、新芽が凍結したり、水がたまって腐ったりする軟腐病です。 害虫:アブラムシ この仲間はアブラムシがつきやすいので、毎日観察して見つけしだい対処します。
用土(鉢植え) 多湿を嫌うので、やや深めの鉢が適し、いつまでも乾かない硬い鉢は避けたほうがよいでしょう。生育中の脱水は致命的なので、乾きすぎる素焼き鉢も避けます。 用土は通気性と排水性のよいものが適します。基本的には市販の山野草用培養土か、赤玉土小粒と硬質鹿沼土小粒を等量に配合した用土を使います。凍結による用土の目詰まり防止に1割ほど軽石砂を混ぜると効果的です。 植えつけ、 植え替え 球根の植えつけは、春に入手したものでも秋の休眠中に行うのが最も安全です。球根は必ず1cm以上間隔をあけて植え込みます。植え替えは、できれば毎年行います。
ふやし方 分球:順調に生育していると毎年分球するので、植え替えのときに分けて植えます。 タネまき:タネは乾燥を嫌うので、必ずとりまきにします。翌春には発芽しますが、順調に生育しても開花まで数年かかるので、あまり一般的ではありません。 主な作業 花がら摘み:タネをとらないものは、花後に花がらを摘みます。
0
0
Article
玲儿
2017-09-25
玲儿
エゾエンゴサクの基本情報 学名:Corydalis ambigua 和名:エゾエンゴサク  その他の名前:延胡索 科名 / 属名:ケマンソウ科 / キケマン属 特徴 エゾエンゴサクは主に北海道や東北地方日本海側に見られ、人里や山地の林床、谷あいなどに生育します。春に咲き、夏には地上部が枯れて、秋冬を地下で過ごす春植物で、ときには大群落を形成して人々の目を楽しませ、近年ではテレビドラマなどでも紹介され人気を博しています。 地下にある球根(塊根)から雪解けとともに芽を出し、春に鮮やかな青色の花を房状に咲かせます。葉は3出複葉で小葉は円くて柔らかく、初夏の風を感じるころには葉が枯れ、休眠に入ります。 ※科名:ケシ科で分類される場合もあります。
種類(原種、園芸品種) ヤマエンゴサク Corydalis lineariloba 本州から九州にかけての人里や山地の林床に見られる。エゾエンゴサクよりやや小型で、花色は紫や青藤のものが多く、花つきも少しまばら。 ジロボウエンゴサク Corydalis decumbens 関東地方より西に分布し、春の野山に多く見られる。花茎と根出葉を同時に出し、花茎は横倒しになって淡い桃紫の小さな花をまばらに咲かせる。
コリダリス・ソリダ Corydalis solida ヨーロッパに広く分布。鉢植えでも庭植えでも丈夫で入門向き。赤や桃色を基調とした多くの品種が流通する。
0
0
Article
玲儿
2017-09-25
玲儿
ウラシマソウの育て方・栽培方法 育て方のポイント 栽培環境・日当たり・置き場 年間を通して日陰を好み、日ざしが強いとすぐに葉が傷みます。 芽出しから開花までは30~50%の遮光で明るい日陰をつくり、ゆったりと花を咲かせます。花後は50~75%の遮光下、真夏は75%以上の遮光下か棚下などの日が当たらない場所で管理し、葉の傷みや葉焼けを防ぎます。秋に入るとほとんどは葉を落として休眠に入ります。冬の凍結を嫌うので、そのまま棚下で管理するか、ハウスの暗い場所へ移して春まで休眠させましょう。 水やり 年間を通して乾燥を嫌います。毎日たっぷりと水を与えましょう。葉が大きく茂るころからは、上から水をかけると水の重みで茎が折れることがよくあります。茎に支柱などを立てるか、株元から水やりをするとよいでしょう。休眠中も多少の湿り気があるほうがよいので、少し乾いてきたら水やりをします。
肥料 植えつけ、植え替え時に元肥を一つまみ入れます。 生育中は肥料を好みます。葉が開く4月下旬ごろに置き肥をします。また、このころから葉が枯れ始めるまで、チッ素、リン酸、カリが等量の液体肥料を2週間に1回施すと効果的です。 病気と害虫 病気:軟腐病、白絹病 地上部が突然枯れて球根が腐る軟腐病や白絹病に注意してください。 害虫:ネグサレセンチュウ、コナカイガラムシ(ネカイガラムシ)、コナアブラムシ(ネアブラムシ)、ナメクジ、イモムシ、ネズミなど 地下部に発生する害虫としては、球根を腐敗させるネグサレセンチュウ、球根に白い粒がたくさんつくコナカイガラムシ(ネカイガラムシ)やコナアブラムシ(ネアブラムシ)があります。冬の間はネズミに食害されることもあります。 地上部は、特に芽出しのころにナメクジやイモムシに食害されます。ハウス栽培ではアブラムシやコナジラミ、ハダニなどにも注意します。 用土(鉢植え) 鉢は特に選びませんが、中深鉢以上の深さで、やや硬めのものや釉薬(うわぐすり)がかかった乾きにくいものがよいでしょう。 乾燥を嫌いますが、常に多湿状態でもよくありません。一般的な赤玉土を主体に鹿沼土などを、水やりの加減に合わせて5:5か6:4に配合するとよいでしょう。凍結で用土がくずれやすい地域では軽石を1割ほど混入してもよいでしょう。
植えつけ、 植え替え 植えつけは基本的には休眠中に行います。球根は植える前に水洗いして、古い皮や汚れた部分を落とします。植える深さは、芽の先端が2~3cm埋まる程度がよいでしょう。植え込み後の鉢は、冬に凍結しない場所で管理します。 鉢植えの植え替えは毎年行うと理想的です。植えつけと同様に休眠中に作業します。 ふやし方 分球:親球根のまわりにできた小さな球根を、無理に外さず、自然に外れているものを植えつけます。ただし、翌年すぐに芽が出ないものも多くあります。とりあえずは親球根のまわりに植え込んで、大きくなったら別の鉢に植え替えます。 タネまき:結実した果実は、11月下旬から12月ごろに完熟して赤くなります。花茎が倒れたら、果実をとって1粒ずつ水洗いします。中から白褐色の球根状のタネが出てくるので、これを培養土にとりまきします。ただし、ウラシマソウは発芽まで2年かかります。発芽後も成長は遅く、開花まで早くても5年を要します。 主な作業 交配:開花3日後から1週間以内に、仏炎苞を破いて肉穂花序をむき出しにします。このとき、花粉が出ていれば雄花、先端が突起になり、つやがあれば雌花です。綿棒などで雄花の花粉をつけて、雌花の先端をポンポンとたたけば完了です。その後は2週間ほど水やりなどで花に水をかけないように注意します。結実したら成功です。
0
0
Article
玲儿
2017-09-25
玲儿
ウラシマソウの基本情報 学名:Arisaema urashima 和名:ウラシマソウ(浦島草)   科名 / 属名:サトイモ科 / テンナンショウ属 特徴 ウラシマソウは本州、四国を中心に、北海道や九州の一部にも分布する球根植物で、主に海岸付近の林床や人里近い林に多く見られます。苞の中に伸びた付属体の先端部が細く糸状に伸び、その姿を、浦島太郎が釣り糸を垂れている姿に見立てて、この和名があるとされています。 地下にはサトイモに似た大きな球根があり、春になると芽を伸ばします。やがて10枚前後の葉を傘のように広げ、黒褐色の苞を開きます。この苞は「仏炎苞(ぶつえんほう)」と呼ばれます。本来の花は、付属体の下につき、成長や栄養の状態によって、雄花から雌花に変化する性転換植物として知られています。 葉は、早いものでは夏前後から枯れ始め、遅くても秋には落葉します。タネができた花茎は、房状に赤く完熟した果実をつけて、そのまま晩秋のころまで残り、冬には倒れて、球根の状態で休眠します。
最近ではさまざまな花変わりや斑入り葉なども選別されています。秋に球根のわきに小さな球根をたくさんつくってふえますが、元の親球根は5年程度で枯れる傾向があるので、ふえた小さな球根を大切に保存管理することが個体維持につながります。 ウラシマソウが含まれるテンナンショウの仲間は、日本にさまざまな種類が見られます。多くの種類は姿や色の区別がつきにくく、生産性も悪く、栽培はあまり一般的ではありません。 種類(原種、園芸品種) ナンゴクウラシマソウ Arisaema thunbergii ssp. thunbergii 紀伊半島から四国、九州に分布。葉は細くてつやがあり、糸状部分の基部が黄白色で、太く短い泡のような凹凸がある。果実もやや扁平で先端にくぼみがある。
ヒメウラシマソウ Arisaema kiushianum 本州南部と九州に分布する小型種。仏炎苞の両端が大きく湾曲し、黒褐色に緑白色のラインが入る様子がフクロウに似てかわいい。内部のT字模様も特徴的。ウラシマソウに比べて丈夫で長命。
マムシグサ Arisaema serratum 北海道から九州に分布し、日本を代表するテンナンショウ。各地に変種も多い。緑や黒褐色などの地に白いストライプの入った仏炎苞を開く。茎の褐色のまだら模様をマムシに見立ててこの名がついた。分球でふやしにくく、タネで増殖されている。
ユキモチソウ Arisaema sikokianum とても美しいテンナンショウ。分布は四国が中心で本州の一部にも見られる。仏炎苞は赤褐色で、肉穂花序の先端が餅のように白く丸く、その名の由来となった。分球でふやしにくく、タネで増殖されている。
ムサシアブミ Arisaema ringens 南日本を中心に関東、中部以南に見られる大型種。仏炎苞は先端を深く巻いた特徴的な形。寿命が長く、分球は少ないが、タネまきでふやせる。
0
0
Article
玲儿
2017-09-25
玲儿
イワチドリの育て方・栽培方法 育て方のポイント 栽培環境・日当たり・置き場 比較的日当たりのよい環境を好みます。 芽出しから梅雨までは、日当たりと風通しがよい場所で管理します。梅雨明けごろからは50%程度の遮光下か半日陰へ移動させ、葉が傷まないように夏を涼しく過ごさせます。涼しくなる9月末ごろからは再び日当たりに置き、球根を充実させます。 休眠に入ったら、春まで日陰の棚下などに置きます。凍結が厳しいところでは凍らない場所で管理するか、球根を抜いて箱に入れて春まで涼しい場所で保管します。
水やり 水を好むので、発芽が始まったらたっぷりと水やりをします。ただし、芽に水がたまりやすいので、開花までは根元に与えます。雨の多い季節は用土が乾き始めたら与え、多湿で株元が傷むのを防ぎます。夏は夕方や夜の水やりがよいでしょう。休眠中は乾かし気味に管理し、適度に湿り気を感じる程度に保ちます。 肥料 元肥は入れません。春に芽が出たら少量の市販の山野草用の置き肥をします。また、根が伸びる芽出しから6月下旬までと、新球が充実する9月中旬から10月中旬まで、三要素(チッ素、リン酸、カリ)等量の液体肥料を施します。夏は傷みやすいので肥料は施しません。
病気と害虫 病気:軟腐病、灰色かび病、ウイルス病 軟腐病は芽出しから夏までの間に、灰色かび病は芽出しのころに発生します。風通しをよくして多湿にならないように管理します。ウイルス病は、伝染を防ぐために発病株を見つけしだい処分します。 害虫:ナメクジ、ネズミ、ヨトウムシ、バッタ、アブラムシ 球根や芽をナメクジやネズミに、葉がしっかりしてからはナメクジやヨトウムシに、夏以降はバッタに食害されます。開花期にアブラムシの発生が目立ちます。どれも見つけしだい捕殺します。
用土(鉢植え) 乾燥しやすい鉢は避けます。イワチドリだけ植えるならやや深めの鉢、寄せ植えで楽しむなら大きめの平鉢などがよいでしょう。 用土は水もちのよいものを好みます。ウチョウラン用培養土に、細かく刻んだ山ゴケか水ゴケを3割ほど混ぜたものがおすすめです。鹿沼土小粒5、日光砂小粒2、山ゴケ3の配合土でもよいでしょう。 植えつけ、 植え替え 植えつけや植え替えは、春の芽出し前に行います。1鉢に数球植え込む場合は、球根の間隔を1cmほどあけます。植え替えは1~2年に1回行います。
ふやし方 分球:生育がよいと倍に分球していることがあります。植え替えの際に必要に応じて分けます。 タネまき:あまり一般的ではありません。結実したらタネを株元にまいておくと、発芽する場合もあります。
0
0
Article
Related Users
Elite Article
FeedBack

You have any problems or suggestions, please leave us a message.

Please enter content
Download GFinger APP

Scan QR code, download GFinger APP to read more.

QR Code

Scanning QR Code, directly to see the home page

Switch Language
Set
VIP
Sign out
Share

Share good articles, GFinger floral assistant witness your growth.

Please go to the computer terminal operation

Please go to the computer terminal operation

Forward
Insert topic
Remind friend
Post
/
Submit success Submit fail Picture's max size Success Oops! Something wrong~ Transmit successfully Report Forward Show More Article Help Time line Just Reply Invite you to chat together! Expression Add Picture comment Only support image type .JPG .JPEG .PNG .GIF Image can't small than 300*300px At least one picture Please enter content